ピリピ人への手紙3:1-11--イエス様の模範に従うこと(2)

数日前、私はイエス様の模範に従うことについて話しました。

3章では、パウロは自分のことについて話しているけど、2章に書いてあることを考えると、パウロの言葉を違う視点で見ることだできると思います。

パウロはこう言いました。

「しかし私は、自分にとって得であったこのようなすべてのものを、キリストのゆえに損と思うようになりました。」(3:7)

クリスチャンになる前、パウロは自分がユダヤ人であること、またパリサイ人であることを誇りました。また、パウロは、頑張って律法に従うことを誇りました。でも、クリスチャンになるとキリストのゆえに、パウロはそのプライドを捨てました。それだけではなく、イエス様との関係と比べると、パウロはすべてのものを価値のないものと見なしました。

イエス様を得て、イエス様の義に包まれたいと思ったので、パウロはそのすべてをちりあくたと見なしました。(8-9)

そして、パウロの主な願いはイエス様とその復活の力を知り、イエス様の苦難にあずかって、キリストの死と同じ状態になることです。そして最終的に、彼はイエス様と共に復活させられたいと思いました。(10)

それと同じく、私たちのゆえ、イエス様は、自分にとって得であったすべてのものを損と思うようになりました。私たちとの関係と比べると、イエス様は、自分が天国にあるものを損と見なしました。私たちを得て、自分の義で私たちを着せるために、イエス様は天国にあるものをちりあくたと見なしました。

イエス様の望みは、私たちがイエス様とその復活の力を知り、イエス様の苦難にあずかって、イエス様の死と同じ状態になって、栄光で復活することです。

そういうわけで、イエス様は十字架に行って、苦しみました。

だから、私たちはイエス様のためにそうするべきではないでしょうか。イエス様が私たちのためにすべてを捨てたゆえ、私たちもイエス様のためにそうするべきではないでしょうか。

では、毎日、イエス様の模範に従いましょう。

 

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エペソ人への手紙, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中