ピリピ人たちへの手紙3:1-11--私たちの目当て

クリスチャンとして、私たちが間違っている物に集中するのは簡単なことです。

例えば、多くのクリスチャンたちは、仕事や、お金や、持ち物や、婚活に焦点を当てます。もちろん、それ自体は悪いものではないけど、その物に集中しすぎるのは簡単なことです。

でもあるクリスチャンたちは、クリスチャンのルールや、どのように良いクリスチャンになれるかに、集中しすぎます。そうすれば、クリスチャン生活は何のものであるべきかを忘れてしまいます。

今日の個所では、パウロはそのことについて私たちに警告します。パウロはピリピ人たちにこう言いました。

犬どもに気をつけなさい。悪い働き人たちに気をつけなさい。肉体だけの割礼の者に気をつけなさい。(2)

パウロは何について話しているのですか。たぶん、パウロは、モーセの律法に従うべきことを教えたユダヤ人のクリスチャンたちについて話しています。彼らによれば、クリスチャンになるために、ピリピ人たちが割礼を受け、ほかのモーセの律法に従うべきです。

パウロはその人たちを犬と呼びました。ユダヤ人の文化では、それは侮辱でした。実は、彼らはしばしば異邦人たちを犬と呼びました。でも、パウロは彼らに言いました。「異邦人たちではなく、あなたたちは犬どもです。」

パウロは続けます。

神の御霊によって礼拝し、キリスト・イエスを誇り、肉に頼らない私たちこそ、割礼の者なのです。(3)

旧約聖書では、神様は何回もイスラエル人たちに言いました。「肉体的な割礼よりも、あなたの心が割礼されるように望みます。」(申命記10:16、30:6;エレミヤ4:4)

実は、私たちがクリスチャンになるとき、私たちの心が割礼されます。聖霊の働きによって、私たちの心は神様のものになります。

エゼキエルはその真理をこのように説明しました。

あなたがたに新しい心を与え、あなたがたのうちに新しい霊を与える。わたしはあなたがたのからだから石の心を取り除き、あなたがたに肉の心を与える。(エゼキエル36:26)

でも、あるユダヤ人たちのクリスチャンたちによれば、すべてのクリスチャンたちは割礼を受け、モーセの律法のすべてを守らなくてはいけないのです。だから彼らは、ユダヤ人として、自分の身分に集中したし、どうやって、律法によって義と認められることができるかに集中しました。

でも、パウロはピリピ人たちに言いました。「そのユダヤ人たちの目当ては間違っています。」

パウロ自身はそのユダヤ人たちよりも自分の身分や自分の義に関して誇ることができました。(4-6)

でも、そのことを自慢せずに、パウロはこう言いました。

しかし私は、自分にとって得であったこのようなすべてのものを、キリストのゆえに損と思うようになりました。それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、私はすべてを損と思っています。私はキリストのゆえにすべてを失いましたが、それらはちりあくただと考えています。それは、私がキリストを得て、キリストにある者と認められるようになるためです。私は律法による自分の義ではなく、キリストを信じることによる義、すなわち、信仰に基づいて神から与えられる義を持つのです。私は、キリストとその復活の力を知り、キリストの苦難にもあずかって、キリストの死と同じ状態になり、何とかして死者の中からの復活に達したいのです。(9-11)

簡単に言うと、パウロはこう言いました。「私は、私自身に集中していません。どうやって、律法によって義と認められることができるかに集中していません。私は宗教のルールに集中していません。私は、その全部がちりあくただと考えています。(原語では、「それらはフンだと考えています。」という意味です。)むしろ、私は一つのことに集中しています。それはイエス・キリストです。

イエス様を知りたいのです。

イエス様と一つになりたいのです。

イエス様からの義を求めています。なぜなら、私の義は神様の目には足りないものですから。

私の力ではなく、イエス様の力を知りたいのです。

イエス様の苦難にあずかるほどに、私はイエス様を知りたいのです。

私はイエス様と共に死にたいのです。つまり、聖霊様の力によって、私の罪深い心を十字架にかけたいのです。

聖霊様の力によって、イエス様と共に復活して、新しい命を知りたいのです。

イエス様、イエス様、イエス様、イエス様。イエス様を知るのは私の目当てです。」

多くのクリスチャンたちの問題は、イエス様に集中せずに、自分自身に集中することです。

そういうわけで、彼らは疲れてしまいます。彼らの信仰は重荷になります。彼らは自分の空しい努力で神様を喜ばせようとするけど、失敗してしまうので、イエス様に対する愛は後退します。

もし、イエス様ではなく、ほかの物に集中するなら、どうやってイエス様との愛の関係ができるでしょうか。

あなたはどうですか。あなたは何に集中しているでしょうか。

 

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ピりピ人への手紙, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中