ピリピ人への手紙1:27-2:18--光として輝くこと

聖書が章と節で分かれるのは、ある意味良いことです。章と節によって、私たちはある聖書の個所を簡単に見つけることができます。でも、時々、章と節の番号が著者の議論の流れを邪魔して、その番号によって、私たちは著者が新しいトピックを始めたと勘違いをしてしまいます。

今日の個所では、そんな勘違いの恐れがあります。

私はこの記事を書き始めたとき、最初は、2章12-18節だけについて話そうと思いました。でも、そうしてはいけないと分かってきました。なぜなら、パウロは以前のテーマを続けているから。つまり、私たちが福音にふさわしく生活するべきということです。

パウロのポイントは、私たちが一致を保つことによって、福音にふさわしく生活することです。でも、その一致を保つのに、私たちはイエス様の模範に従うべきです。イエス様は私たちを救うために、この世界で自分のニーズを置いておいて、自分の命を十字架で捧げてくださいました。

そのことについて話した後、パウロはこう言います。

こういうわけですから、愛する者たち、あなたがたがいつも従順であったように、私がともにいるときだけでなく、私がいない今はなおさら従順になり、恐れおののいて自分の救いを達成するよう努めなさい。神はみこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださる方です。(2:12-13)

多くの場合、私たちはこの言葉を読むとき、自分自身に当てはめます。「私はそうするべきだ」と思います。

でも、パウロは教会の家族に話しています。「あなたがたが恐れおののいて、自分の救いを達成するよう努めなさい。神はみこころのままにあなたがたのうちに働いてい志を立たさせ、事を行わせてくださる方です。」

要するに、イエス様のいけにえによって、天の父はあなたがたに救いを与えてくださいました。だからその救いを生かしましょう。神様はあなたがたのうちに働いています。神様が自分の志をあなたがたに教えたので、教会として、あなたがたは神様の目的を果たすべきです。

でも、私たちがいつも喧嘩しているとしたら、その目的を果たすことができません。

だからパウロは私たちにこう言います。

すべてのことを、不平を言わずに、疑わずに行いなさい。それは、あなたがたが、非難されるところのない純真な者となり、また、曲がった邪悪な世代のただ中にあって傷のない神の子どもとなり、いのちのことばをしっかり握り、彼らの間で世の光として輝くためです。そうすれば、私は自分の努力したことが無駄ではなく、労苦したことも無駄でなかったことを、キリストの日に誇ることができます。(2:14-16)

教会のメンバーたちが喧嘩していることを見ると、この世の人々は「クリスチャンたちは私たちと全く同じものだ。」と思います。

でも、彼らが、互いに愛し合い、仕え合う教会を見ると、また、不平を言わず、疑わずに行う教会を見ると、私たちは彼らに対して輝いている光になります。

そして、彼は考え始めます。「どうして、クリスチャンたちは私とそんなに違っているのだろうか。私は彼らのようになりたい。」

そういうわけで、パウロはピリピ人たちに言います。「私の希望は、あなたたちが光になることです。あなたたちがそんな人になれば、私はいつかイエス様の御前に立つとき、誇りを持って、あなたがどんな人になったか指摘することができます。」

パウロは、彼らに対する自分の愛について話して、この個所をまとめます。

たとえ私が、あなたがたの信仰の礼拝といういけにえに添えられる、注ぎのささげ物となっても、私は喜びます。あなたがたすべてとともに喜びます。(17)

つまり、「あなたたちに仕えることは重荷ではありません。あなたたちのように、私は自分の救いを達成するように努めています。神様があなたのうちに行っていることを見ると、私は喜びます。だから、私が福音のために牢に入ることを悲しまないでください。むしろ、私と共に喜びなさい。そして、私たちが一緒に働き、喜ぶにつれて、この世界は私たちの光を見ます。」ということです。

あなたはどうですか。それはあなたの態度でしょうか。神様があなたの中だけではなく、周りの兄弟たちと姉妹たちの中で働いていることを見るでしょうか。

あなたたちは、一緒に協力し、一致を持って歩むにつれて、神様が自分の目的を果たすことを見ているでしょうか。あなたたちが一緒に光を人々の前で輝かせるゆえに、彼らは、あなたたちの良い行ないを見て、天の父をあがめているでしょうか。

もしかしたら、彼らがあなたたちを見ると、いつも喧嘩している人たちを見るでしょうか。

私たち皆が教会として、恐れおののいて自分の救いを達成するよう努めるように。私たちを通して、周りの人々は彼らを愛し、彼らのために自分の命をささげた主を知るように。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ピりピ人への手紙, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中