ガラテヤ人への手紙6:7-10--私たちが蒔く種

私は良い農家にはなれなかっただろうと思います。子供のころ、私はみかんの種か、リンゴの種を蒔いたけど、すぐに成長して欲しいと思っていました。1-2日間で何も見なかったので、私はすぐに諦めました。農業を営むのには忍耐が必要ですけど、私には忍耐が全然ありませんでした。

とにかく、ある意味、私たち皆は種を蒔きます。そして、私がかつて蒔いた種とは違い、結局、私たち皆は蒔いたものを刈り入れます。

パウロはこうい書きました。

思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。人は種を蒔けば、刈り取りもすることになります。自分の肉に蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、御霊に蒔く者は、御霊から永遠のいのちを刈り取るのです。(7-8)

ガラテヤの教会や、ほかの教会でも、ある人々はパウロの教えを曲げました。パウロは恵みによる救いを教えたので、彼らは言いました。「パウロの意味したものは、私たちが好き勝手に生きてもいいということです。あえて罪を犯しても、赦されるから。」

でも、パウロは答えました。「神様は素朴な方ではありません。あなたちは神様をバカにすることができません。神様はあなたたちの心と行為をよくご存じです。あなたたちがイエス様を信じることを主張するのに、自分勝手に生きるなら、神様は本当のところがよく分かるでしょう。だから、この世界では、あなたたちは自分の罪の結果を何とか避けることができても、裁きの日に、神様に裁かれるとき、あなたは滅びます。

その反面、あなたが本当に神様を愛し、聖霊様を喜ばせようとすると、永遠の命を刈り取ります。」

そして、パウロは私たちを励まします。

失望せずに善を行いましょう。あきらめずに続ければ、時が来て刈り取ることになります。(9)

私たちの神様の働きの成果をすぐに見ないと落胆するのは簡単なことです。私たちはファストフードの社会にいて、すぐに結果を見たいのです。でも種が成長するのに、時間がかかります。一朝一夕で成長しないでしょう。

そのように、聖霊を喜ばせる種はすぐに成長しない時もあります。時々、私たちの一生をかけてもその実を見ないこともあるでしょう。

でも、パウロは私たちを励まします。「その種はかならず成長します。あきらめるな。失望するな。蒔いたものから成果を刈り入れます。さらに、永遠の命を刈り入れます。」

では、私たちはどうしたらいいでしょうか。パウロは言います。

ですから、私たちは機会があるうちに、すべての人に、特に信仰の家族に善を行いましょう。(10)

聖霊を愛して、喜ばせる方法の一つは、周りの人々を祝福することです。神様は私たちを、家族や、友達や、同僚や、クリスチャンの兄弟たちと姉妹たちに対する祝福になるように呼びます。

そうすると、神様は、私たちがその実を刈り入れると約束します。

あなたはどのような種を蒔いているでしょうか。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ガラテヤ人への手紙, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中