ガラテヤ人への手紙6:6--自分を支えてくれる人を支えること

牧師たちの仕事はかなり大変です。神様から命じられないと、私は牧師になろうと思わないでしょう。

牧師たちは日曜日のメッセージを準備するだけではなく、教会のメンバーの問題をも扱わなくてはなりません。その重荷を担ぐとき、彼らは相手の不平も聞かなくてはなりません。すべてのメンバーが教会とその牧師に満足する教会は、どこにもないでしょう。

私たちの牧師たちは自分の負担をも持っています。もちろん、イエス様は彼らに、教会を導く負担を与えました。それに、彼らは自分の家族を支える責任をも持っています。だから、人の不平や批判を聞くと、その負担が急に重すぎて、牧師は担ぐことが出来なくなるでしょう。

パウロには、そのことがよく分かったと思います。だから彼は、「人はそれぞれ、自分自身の重荷を負うことになるのです。」と言った後、こう言いました。

みことばを教えてもらう人は、教えてくれる人と、すべての良いものを分かち合いなさい。(6)

要するに、私たちの牧師たちは私たちに霊的な栄養を与えてくれて、私たちを霊的に支えてくれるけど、彼ら自身も支えられる必要があります。だから、できるだけ、私たちは彼らを支えるべきです。

もちろん、彼らが自分の家族をちゃんと支えるために、私たちは牧師たちを経済的に支えるべきです。そうすれば、彼らは神様から委ねられた仕事をちゃんとできるでしょう。でも、それだけではなく、彼らは私たちの祈りと励ましの言葉が必要です。

私たちの牧師たちを超クリスチャンと見なすのは簡単なことです。だから私たちは、彼らがただの人間で、私たちの支持が必要であることを忘れてしまいます。私も忘れる時があります。

だから意図的に彼らを支えましょう。私たちは彼らのために祈っていることを彼らに伝えましょう。彼らにメールをして、または、電話して、励ましの言葉を与えましょう。言い換えると、牧師に対して、祝福になりましょう。

あなたはどうですか。あなたは、牧師に対して祝福でしょうか。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ガラテヤ人への手紙, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中