ガラテヤ人への手紙5:16-26--全く新しい生き方

前回の記事では、罪の豚小屋から自由にされた私がその豚小屋に戻らないことについて話しました。でも、もう一度、パウロは繰り返します。私たちは自分の力によって律法を守ろうという態度を通して、その豚小屋を避けることが出来ません。むしろ、パウロはこう言います。

私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、肉の欲望を満たすことは決してありません。肉が望むことは御霊に逆らい、御霊が望むことは肉に逆らうからです。この二つは互いに対立しているので、あなたがたは願っていることができなくなります。(16-17)

パウロはこうは言いませんでした。「自分の力によって律法を守るとしたら、肉の欲望を満たさないでしょう。」

むしろ、パウロは「御霊によって歩みなさい」と言います。要するに、私たちは毎日、聖霊様の力と導きによって歩まなくてはいけません。

だから、私たちは毎日、聖書を読み祈った後、神様に「じゃあ、行ってきます。またね。」とは言いません。

むしろ、私たちはこう祈るべきです。「聖霊様、私とともに歩んでください。一日中、私があなたの御声が聞こえるように。私があなたの導きに従うように助けてください。」

そうすれば、私たちは罪深い心の欲望を満たしません。なぜでしょうか。私たちの罪深い心がの望むのは、聖霊様が望むのと正反対なことです。私たちの古い態度や習慣は、聖霊が私たちの人生にしたい事とは、まったく違うことです。だから今なお、私たちは罪と戦います。パウロはローマ7:14-25で、その戦いについて話します。

でも、毎日、毎秒、私たちは聖霊様の声を聞き、従うことを学ぶにつれて、私たちはもはや古い道を行かずに、むしろ、聖霊様は私たちを全く違う道に導いてくださいます。

だから覚えていてください。律法の下にいる人生は、聖霊様によって生きる人生と全く違うものです。パウロはその真理をはっきりと伝えます。

御霊によって導かれているなら、あなたがたは律法の下にはいません。(18)

その二つの道は、どのように違うのでしょうか。

律法の下にいる場合、私たちは自分の力で生きなくてはなりません。つまり、私たちは自分の力で、律法に従わなくてはならないということです。

でも、聖霊様によって生きる場合、私たちは聖霊様の力によって生きます。

また、律法の下にいる場合、私たちはいつも裁かれている感じを持っています。

でも、聖霊様によって生きる場合、私たちは「アバ、父」と叫びます。

そして、聖霊様によって生きる人生は、罪の支配下にある人生とは、全く違うものです。パウロは、いろんな罪をリストアップましたが、そのリストの内容はひどいものです。(19-21)

パウロによれば、そんな罪を犯す人は神の国を相続できなません。

でも、そのあと、パウロは、聖霊様が住んでおられる人について話します。そんな人は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制を持つ人です。(22-23)

ここでは二つのことに注意してください。

その実はあなたの人生では未成熟かもしれないけど、成長しているはずです。あなたの今の人生は、以前の人生と比べると、少なくとも少しは違うはずです。

二つ目は、パウロが「あなたの努力の実は、愛、喜び、平安などです。」と言わないことです。むしろ、「御霊の実は、愛、喜び、平安など」と言います。

あなたは、まことのぶどうの木、つまりイエス様にとどまると、その実を結び始めます。(ヨハネ15章)。その関係を持っていないと、あなたはその実を結びません。

だから、私たちは律法を守る事に集中するべきではありません。むしろ、イエス様と聖霊様と共に歩むことに集中するべきです。

パウロはこう言います。

キリスト・イエスにつく者は、自分の肉を、情欲や欲望とともに十字架につけたのです。(24)

本当のクリスチャンたちは、神様に対する頑なな反抗的な心を十字架につけました。彼らは罪深い心に屈服しません。彼らは罪と戦うかもしれないけど、その罪を抱きません。

だから、パウロは私たちに訓戒します。

私たちは、御霊によって生きているのなら、御霊によって進もうではありませんか。(25)

あなたは、神様があなたに与えてくださった聖霊様から永遠の命を受けました。それでも、今、あなたは自分の力によってクリスチャン生活を送ろうとしているでしょうか。

もしかしたら、毎日、あなたは、神様についていき、御声を聞き、神様の力によって、その導きに従っているでしょうか。

あなたはどのよう生きているでしょうか。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ガラテヤ人への手紙, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中