ガラテヤ人への手紙5:7-12--十字架の躓きを捨てること

この前私は言ったのですが、多くの人々は、クリスチャンたちのことを偏狭だと思います。なぜなら、私たちはキリストの十字架の御業だけによって、人が救われると信じるから。パウロは、その真理を「十字架の躓き」と呼びます。

ユダヤ人のクリスチャンたちは、その十字架の躓きを捨てようとしていました。でも、彼らの動機は、現代の人たちの動機と違いました。

そのユダヤ人のクリスチャンたちは、ノンクリスチャンのユダヤ人たちの意見を気にしました。ノンクリスチャンのユダヤ人たちは、十字架のメッセージに気を悪くしました。なぜなら、福音は、信仰によってイエス様に来る人々をすべて歓迎するから。クリスチャンたちは、割礼を受けなくていいし、律法の細かいルールに従わなくてもいいのです。

ノンクリスチャンのユダヤ人たちは、二つの理由で気を悪くしました。一つ目は、彼らがモーセの律法を真剣に考えたことです。その律法によって、彼らは神様の民と認められました。でも、パウロによれば、神様の民になる方法は、律法に従うことではなく、イエス様に対する信仰です。だからパウロはこう言いました。

ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由人もなく、男と女もありません。あなたがたはみな、キリスト・イエスにあって一つだからです。(3:28)

簡単に言うと、ユダヤ人たちが誇る神様の律法によって、人は神様の民になりません。むしろ、イエス様を通して神様に来る人は皆、神様の民と認められます。

でも、ユダヤ人たちは自分のプライドを捨てたくなかったので、その真理を受け入れられませんでした。それは、彼らがイエス様の十字架に気を悪くする二つ目の理由でした。彼らは、神様の選ばれた民として誇りました。神様が彼らだけに律法を与えたので、彼らは自分がほかの国民よりも正しい人たちだと思っていました。もちろん、その律法を完全に守ることは出来なかったけど、彼らはまだその誇りを感じていました。

そのように、プライドは人とキリストを隔てる大きな壁です。彼らは自分の宗教を誇ります。彼らは自分の義を誇ります。だからクリスチャンたちが、「あなたの宗教は足りません。あなたの義は足りません」と言うと、ノンクリスチャンは怒ります。

でも、彼らは自分の宗教や、義にしがみついたら、彼らは神様に近づくことができません。むしろ、彼らは神様から離れています。

パウロは、「割礼が必要だ」と教えた人に関して、こう言いました。

しかし、あなたがたを動揺させる者は、だれであろうと、裁きを受けます。。。あなたがたをかき乱す者たちは、いっそのこと切除(つまり、去勢)してしまえばよいのです。(10,12)

その以前、パウロは、偽福音を宣べ伝える人が神様に呪われると言いました。(1:8-9)

この個所では、パウロは皮肉を使って、同じことを繰り返します。「もし、割礼を受けたいと思うなら、去勢された方がいいでしょう」。

ユダヤ人たちはパウロの言葉を聞くと、面食らうでしょう。なぜなら、モーセの律法によれば、去勢された人は、主の集会に加わってはならなかったから。(申命記23:1)

でも、それがパウロのポイントでした。「あなたが割礼を受ければ、あなたは主の集会に加わってはなりません。あなたは本当の神様の民ではありません。」

そのように、イエス様の十字架を拒絶し、自分の宗教と義によって救いを得ようとする人は神様とその民から離れています。もし、あなたがクリスチャンのユダヤ人たちのように、ほかの人を喜ばせるために福音を薄めるとしたら、あなたも、神様とその民から離れるかもしれません。

十字架は、たくさんの人々にとって、躓きです。でも、私たちは彼らを喜ばそうとしてはいけません。相手が怒っても、私たちは福音をちゃんと伝えなくてはいけません。

だから自分自身に訊くべきです。「私は誰を喜ばせようとしているのでしょうか。神様でしょうか。周りの人たちでしょうか。」

パウロの言葉を覚えていましょう。

今、私は人々に取り入ろうとしているのでしょうか。神に取り入ろうとしているのでしょうか。あるいは、人々を喜ばせようと努めているのでしょうか。もし今なお人々を喜ばせようとしているのなら、私はキリストのしもべではありません。(1:10)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ガラテヤ人への手紙, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中