ガラテヤ人への手紙5:2-10--キリストから離れ、恵みから落ちてしまうこと

多分、人々はこの記事のタイトルを読むと、こう考えるでしょう。「キリストから離れる?恵みから落ちてしまう?それは何と酷いことだろう。」

アメリカでは、ノン・クリスチャンでも、「恵から落ちてしまう」という表現を使うことがあります。それを言うと、彼らが意味するものは、ある尊敬されていた人が酷いことをしたので、その評判が失墜するということです。

でもこの個所では、パウロは殺害や、レイプや、賄賂や、ほかの酷い犯罪について話しているのではありません。むしろ、パウロは律法主義のことについて話しています。つまり、私たちが律法によって神様に義と認められようとすると、私たちはキリストから離れ、恵みから落ちてしまうことです。

パウロは彼らに警告しました。

よく聞いてください。私パウロがあなたがたに言います。もしあなたがたが割礼を受けるなら、キリストはあなたがたに、何の益ももたらさないことになります。割礼を受けるすべての人に、もう一度はっきり言っておきます。そういう人には律法全体を行う義務があります。(2-3)

要するに、「律法主義の考え方を受け入れるとしたら、すべての律法を完全に守らないと、あなたは神様に義と認められません。割礼を受けるのは足りません。旧約聖書に書いてあるすべての律法に従わなくてはなりません。さらに、あなたが律法によって神様に義と認められようと思うなら、キリストの死はあなたに何の益もありません。」

ユダヤ人のクリスチャンたちが教えたのは、キリストの死を信じ、頑張って律法に従うと、ガラテヤ人たちが義と認められるということです。でも、その考え方は間違っていました。一つの救いの方法は、人が完全に律法を従わなくてはなりません。もう一つのは、イエス様を信じて、イエス様の義を受けることです。ほかの方法はありません。

だからパウロは、ガラテヤ人たちにこう言いました。

律法によって義と認められようとしているなら、あなたがたはキリストから離れ、恵みから落ちてしまったのです。(4)

律法によって神様に義と認められようとすると、あなたは実際にイエス様に背を向けているのです。あなたは基本的にイエス様にこう言っているのです。「あなたの十字架の働きは私には足りないと思います。」

でも、その態度によって、あなたはイエス様の働きに唾を吐くことになるでしょう。

モルモン教によれば、あなたが頑張って良いことをすれば、神様はあなたに恵みを与えてくださって、あなたは救われます。でも、あなたの救いを得るために、あなたが自分の行為に頼ると、パウロによれば、あなたは恵みを受けずに、むしろ、恵みから落ちてしまいます。

パウロは続けます。

私たちは、義とされる望みの実現を、信仰により、御霊によって待ち望んでいるのですから。(5)

私たちはまだ罪を犯しています。それでも、私たちはイエス様の十字架の働きによって義と認められます。でも、それだけではなく、なおさらいい希望を持っています。それは、イエス様が帰る日、私たちは変えられて、本当に義人になり、もう罪を犯さないことです。

ローマ8:23で、パウロは、私たちが新しいからだを受ける日を待ち、うめく、と言います。なぜ私たちはうめくのでしょうか。

一つの理由は、私たちがもう病気や死と向き合わなくていいということです。でも、もう一つの理由は、私たちがもう罪との戦いを経験しないということです。その日、私たちは本当に罪から自由にされます。それは、私たちの義の希望です。その希望を持っている人は罪に耽りません。むしろ、その人は自分を救ってくださった方を喜ばせたいと思います。それは、自分の救いを得るためではありません。むしろ、その救いをもう得たことを喜びます。

だから、パウロはこう言います。

キリスト・イエスにあって大事なのは、割礼を受ける受けないではなく、愛によって働く信仰なのです。(6)

あなたはどうですか。あなたはまだ神様の好意を得ようと思っているでしょうか。それが、あなたの神様を喜ばせる動機でしょうか。もしかしたらあなたは、もう神様に義と認められたことを知り、あなたが罪から自由にされる日を楽しみにするでしょうか。その希望によって、あなたは神様を愛し、喜ばせたいと思うでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ガラテヤ人への手紙, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中