ガラテヤ人への手紙4:14-16ーーどのように私たちの喜びと祝福を失うか

この手紙で、私たちは、パウロがどれだけガラテヤ人たちのことに困惑したか、見ることが出来ます。

ガラテヤに初めて来たとき、パウロは何か肉体的な問題を持っていました。その問題のため、パウロはガラテヤ人たちに面倒をかけたけど、彼らはパウロを喜んで歓迎しました。どうしてでしょうか。なぜなら、パウロが宣べ伝えた福音は彼らを罪から自由にして、新しい命を与えたから。福音を聞いたとき、彼らは神様の喜びと祝福に満ちました。

そういうわけで、彼らはパウロのことを心配して、彼らの愛はパウロに溢れ出しました。彼らは、できるだけパウロを助けたいと思いました。パウロは彼らに関して、こう言いました。

私はあなたがたのために証ししますが、あなたがたは、できることなら、自分の目をえぐり出して私に与えようとさえしたのです。(15)

でもユダヤ人のクリスチャンたちの影響によって、すべては変わりました。彼らの喜びはなくなったし、彼らはパウロのことを勘ぐり始めました。彼らは、パウロが福音をちゃんと教えたかどうか疑いました。パウロが福音から大切な真理を抜いたかどうか疑問に思いました。だからガラテヤ人たちは自分の救いをも疑いました。

そういうわけで、パウロは彼らに訊きました。

あなたがたの幸いは、今どこにあるのですか。。。私はあなたがたに真理を語ったために、あなたがたの敵になったのでしょうか。(15-16)

「幸い」という言葉は、「祝福」という意味もあります。つまり、ガラテヤ人たちは信仰によって受けた神様の尊い賜物を失ったことです。

どのようにその賜物を失ったでしょうか。

彼らは古い宗教的な修行や、儀式に戻ったのです。

救いを得るために、彼らは自分の行為や努力に頼ったので、彼らに対して、イエス様の十字架の御業の価値はなくなりました。

気を付けないと、私たちはガラテヤ人たちのようになるかもしれません。私たちのクリスチャン生活がルールに基づいているものになると、私たちは自分の喜びと祝福を失うでしょう。むしろ、私たちは神様の好意を得るように頑張り始めます。

そして、結局、二つの結果が出ます。

一つ目は、私たちは成功していると思って、プライドを持つことです。

二つ目は、私たちはそのルールを完全に守ることが出来ないと分かって、滅入ることです。

でも、成功したと思っても、失敗したと思っても、私たちは神様の喜びと祝福を失ってしまいます。

しかし、私たちの救いが恵みによるものであることを悟ると、私たちは謙遜な態度、また感謝な態度を持ちます。

私たちは神様の恵みに値しないと分かるので、謙遜になります。私たちは神様の裁きに値したのに、神様が恵みと憐れみを私たちに浴びたことを分かります。

さらに、その恵みと憐れみによって、私たちは喜びと感謝に満ちます。だから、私たちは神様の祝福を受けるだけではなく、その祝福は私たちを通して、周りの人々に流れます。

あなたはどうですか。プライドに満ちるクリスチャン生活を送っているでしょうか。失敗と失望に満ちるクリスチャン生活を送っているでしょうか。もしかしたら、喜びと祝福に満ちるクリスチャン生活を送っているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ガラテヤ人への手紙, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中