コリント人への手紙第二9:6-7--献金の原則

この個所では、私たちは二つの献金の法則を見ます。

パウロはこう言いました。

私が伝えたいことは、こうです。わずかだけ蒔く者はわずかだけ刈り入れ、豊かに蒔く者は豊かに刈り入れます。(6)

もちろん、それは、人生のすべてのことに関する大切な原則です。

例えば、あなたは自分の結婚にわずかだけ蒔くと、わずかだけ刈り入れます。つまり、自分の結婚に時間や努力を怠ると、その結婚から得られるものは些細なものになります。そして、その結婚は枯れて、死んでしまうかもしれません。

でも、その結婚に豊かに蒔くと、大きな祝福を刈り入れます。

子育てに関しても、その原則は大切なのです。もし、自分の子供に対してわずかしか種を蒔かないでいれば、彼らが成長しても、あなたとの親しい関係をあまり望まないでしょう。でも、子供に豊かに蒔くと、彼らが成長しても、あなたたちは親しい関係を持つでしょう。

でも、この個所では、パウロは献金について話しています。多くのクリスチャンたちは、「十一献金が新約聖書の教えではないので、どうして捧げるべきだろうか。」と考えます。

でも、教会にわずかにしか蒔かないと、その結果はどうなるでしょうか。もちろん、牧師は自分の家族を支えるために、アルバイトもしなくてはならないでしょう。そういうわけで、彼は教会の人たちに仕える時間は大分減るでしょう。

また、教会はその近所の人たちに触れるために、あまり財源がないでしょう。また、教会には、あなたの家族に仕える財源がないでしょう。

でも、あなたが豊かに教会に蒔くと、教会はあなたや、家族や、近所の人たちに大きな祝福になるでしょう。

だから、自分の牧師や教会があまり機能していない、とあなたがぼやいているなら、自分自身にこう訊くべきです。「私は豊かに教会に蒔いているだろうか。」

パウロは続けます。

一人ひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにしなさい。神は、喜んで与える人を愛してくださるのです。(7)

献金するとき、私たちは「献金しなくてはならない」という態度を取るべきではありません。私たちは強いられる感じを持って、献金するべきではありません。

むしろ、私たちは喜びに満ちる心をもって、惜しみなく献金するべきです。「神様、あなたがいろいろなことをしてくださり、ありがとうございます。あなたはイエス様を送ってくださいました。それは本当に素晴らしい賜物でした。だから、この献金を通して、私の感謝を表したいのです。」と言う心を持って、献金するべきです。

そんな態度を持つと、あなたの献金が多くても、少なくても、神様はその献金を喜んで受け入れます。

ルカの福音書21:1-3では、やもめの献金はとても少ない額でした。でも、彼女は心から捧げたので、イエス様はその献金を金持ちの多額の献金よりも喜びました。

あなたはどうですか。どんな態度を持って献金するでしょうか。

あなたはわずかに蒔いているでしょうか。あなたは豊かに蒔いているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第二, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中