コリント人への手紙第二8:9--私たちの恵みの模範

私たちは本当に神様の恵みを把握するでしょうか。その恵みを本当に把握するなら、どれぐらい、自分のお金をささげること、自分の時間をささげること、自分の人生をささげることに関する私たちの態度は変わるでしょうか。

パウロはコリントたちにこう言いました。

あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです。

恵みとは、どういうものでしょうか。それは、神様の祝福に値しない者に祝福することです。イエス様は恵み深い方で、その恵みに値しない私たちを祝福してくださいました。イエス様が何をしてくださったかを考えてみてください。

イエス様は、天国では富んでおられました。富んでおられるとは、お金や金と銀をたくさん持っていたという意味しません。天国では、そんなものは価値がないのです。でも、イエス様は天の父の栄光を持っていたし、天使たちから礼拝されました。彼は天の父の王座の右に座っていて、何も欠けていませんでした。さらに、イエス様はすべてを治めて、イエス様にあって、万物は成り立っていました。(コロサイ書1:15-18)

それでも、イエス様は自分の栄光を捨てて、天国を去って、人間としてこの世に来ました。イエス様は王として来ませんでした。金持ちとして来ませんでした。むしろ、貧しい大工として来ました。そして、自分の奉仕を始めた時、イエス様には、枕する所もありませんでした。(ルカ9:58)

そして、自分の人生の終わりには、イエス様は礼拝されず、むしろ、ののしられました。王座に座らず、十字架にかけられました。栄光をもって治めずに、恥で十字架にかけられました。

どうしてでしょうか。

それは、私たちが富む者となるためです。イエス様の十字架の御業によって、私たちの罪の債務は支払われました。そういうわけで、いつか私たちは御国でイエス様と共に治めます。(ローマ書8:17)

イエス様は惜しみなくその恵みを与えてくださいました。

だから、私はもう一度聞きます。

あなたは本当にその恵みを把握しているでしょうか。

その真理を実感しているでしょうか。そうであれば、私たちの人生に影響を与えられるはずです。

イエス様が惜しみなく私たちを恵まれたように、私たちは周りの人々に惜しみなく恵みを与え始めます。

正直に言うと、私もその真理をもっと深く実感する必要があります。

あなたはどうですか。イエス様の恵みを把握しているでしょうか。その恵みはあなたから周りの人々に溢れ出しているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第二, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中