コリント人への手紙第二8:1-5ーー人に何かをあげること

気前のいい心。人に何かあげること。

正直に言うと、私はまだそんな心を持てるように努めているのです。もしかしたら、私が末っ子のせいかもしれません。もしかしたら、私の罪深い心のせいかもしれません。でも、人にあげることは、私に苦手です。でも、私はそんな心を持つべきです。なぜなら、すべてのクリスチャンたちは、そんな心を持っているはずですから。

マケドニア人たちは、そんな気質を持っていました。パウロによれば、彼らの激しい試練の中にあっても、また、彼らの貧しい状態にあっても、マケドニアのクリスチャンたちは、エルサレムにある苦しんでいるクリスチャンたちのために、献金させてもらうように願いました。

たぶん、パウロは、彼らに言いました。「大丈夫です。あなたたちの経済も大変だし、ほかの教会の人々が献金しているので、それは、もう十分だと思います。」

でも、マケドニア人たちは「聖徒たちを支える奉仕の恵み」に参加させてもらうように願いました。彼らはその奉仕を恵みと見なしました。

私たちが苦しんでいるとき、自分のことに焦点を当てるのは簡単なことです。私たちは自分自身だけについて考えて、どのように自分の試練を乗り越えられるか考えます。でもマケドニア人たちは、そのように考えませんでした。むしろ、彼らに関して、パウロはこう言いました。

そして、私たちの期待以上に、神のみこころにしたがって、まず自分自身を主に献げ、私たちにも委ねてくれました。(5)

それは、ささげることの定義です。私たちはまず自分自身を神様に献げ、そして、ほかの人にも委ねることです。イエス様はその原則をこのように教えました。

あなたは心を尽くし、いのちを尽くし、知性を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。(マタイ22:37)

また、

あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい。(22:39)

だから、あなたはケチな態度を持っているなら、自分自身にこう訊くべきです。「私は、心を尽くし、いのちを尽くし、知性を尽くして、主を愛しているだろうか。私は隣人を自分自身のように愛しているだろうか。もしかしたら、神様よりも、また隣人よりも、お金を愛しているだろうか。」

もう一つの大切な質問は、「私は、自分のことしか見ることが出来ないほど、自分の問題に焦点を当てているだろうか。もしくは、マケドニア人たちのように、私は、自分の問題だけでなく、ほかの人たちのニーズをも見ることが出来るだろうか。」ということです。

あなたの心を見ると、何が見えるでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第二, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中