コリント人への手紙第二6:14ーー不信者とつり合わないくびきをともにすること(1)

聖さ。

多くの人々は、「聖い人」を聞くと、神様の栄光で輝いている人を思い描きます。

でも、「聖さ」には、二つのコンセプトが含んでいます。それは清い人生を送ることと、神様の奉仕のためにこの世の人のうちから分けられることです。

クリスチャンとして、私たちはそのような人生を送るべきです。私たちは、周りの人々が私たちがクリスチャンであることが分からないほどに、この世に溶け込んではいけません。彼らが私たちを見ると、私たちの態度や行動が彼らのと違うと分かるはずです。

でも、多くのクリスチャンたちはこの世に溶け込んでしまいます。一つの理由は、彼らが、自分が神様のためにほかの人のうちから分けられるというマインドセットを持っていないことです。むしろ、彼らはこの世の民から影響を与えられました。

だからパウロはこう言いました。

不信者と、つり合わないくびきをともにしてはいけません。(14)

それはどういう意味でしょうか。その描写は申命記から来ます。神様はこう言いました。

牛とろばとを組にして耕してはならない。(申命記22:10)

その律法の前後では、神様は、二つ種類のものを混ぜることを禁止したことです。だから、二つ種類の種を同じぶどう畑に蒔いてはいけなかったし、衣服を作るとき、羊毛と亜麻糸とを混ぜてはいけませんでした。

どうして、神様はそんな律法を制定したでしょうか。神様はイスラエル人たちに清さについて教えたいと思ったから。その律法によって、ユダヤ人は、自分が清い人にならなくてはならないことを学びました。

どうして、パウロは服や種の描写を使わなかったのでしょうか。たぶん、パウロは清さ以上の応用を見ることが出来たでしょう。

牛とろばが組にされた時、ろばは牛に大きい影響を与えることが出来ました。牛は前に進もうとしたしれないけど、もし、ろばが頑固で、進みたくないと思ったとしたら、牛が進むのは大変なことになりました。

また、ろばが違う方向に行きたいと思ったとき、牛には選択がありました。その牛はろばの導きに従うことが出来ました。もしくは、牛は、ろばを強制に正しい方向にさせようとすることができました。

多分、パウロのポイントは、クリスチャンじゃない人が私たちに影響を与えるほどに、彼らと組みしてはいけないことです。

例えば、クリスチャンの企業者は、悪徳商法をする人と組みするなら、大変なことに巻き込まれるでしょう。

または、私たちは、アドバイスを求めると、ノン・クリスチャンの友達から影響を与えられます。もちろん、ノン・クリスチャンのアドバイスがいい時もあります。でも、時々、彼らのアドバイスは良いに聞こえるけど、聖書に反対します。

「彼女と一緒に住めばいいじゃない。彼女を愛しているんでしょう?」

「時々、成功するために、ルールを曲げなくてはなりません。」

彼らはあなたの最善を求めているかもしれないけど、彼らが神様のみ言葉を知らないので、あなたを罪に導くことが出来ます。

それはいけないことです。私たちはノン・クリスチャンに影響を与えるはずです。私たちが彼らから影響を与えられるはずがありません。

では、私たちはその縁を切るべきでしょうか。もちろんそうではありません。

でも、自分の人間関係を見ると、私たちは自分自身にこう訊くべきです。「彼らは私にあまりにも影響を与えているだろうか。彼らの影響によって、私は自分の純潔を捨てているのではないか。私は神様のために聖別しているはずだけど、彼らの影響によって、私はそのように生きていないのではないか。」

あなたが「はい」と答えるなら、その人から、ちょっと距離が必要です。

次のブログで、この話を続けます。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第二, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中