コリント人への手紙第二5:16ーー真新しい視点

パウロはクリスチャンになると、真新しい視点を受けました。

救われる前、彼はクリスチャンたちを迫害していました。その時、パウロは神様の御心に従っていると思っていました。でも救われると、彼はすべてのことを再認識しました。

パウロはイエス様の本当の姿を見た時、また、キリストが彼のために十字架で何をしたか分かってきたとき、彼の生きがいが変わりました。彼はイエス様を愛し始めたので、イエス様に関するパウロの考え方も、周りの人々に関する考え方も変わりました。

だから、彼はこう書きました。

ですから、私たちは今後、肉にしたがって人を知ろうとはしません。かつては肉にしたがってキリストを知っていたとしても、今はもうそのような知り方はしません。(16)

クリスチャンになる前、パウロはイエス様をただの人間と見なしました。実は、パウロはキリストを神様を冒涜する人と見なしました。キリストが神様から呪われる人と考えていました。さらに、パウロは、クリスチャンたちは異端児だと思いました。彼は異邦人たちを部外者と見なしました。

でも、クリスチャンになると、パウロは彼らを再認識しました。彼らが神様の愛する民だと分かってきました。

そのように、私たちがクリスチャンになると、キリストに関する考え方だけではなく、周りの人々に関する考え方も変わるはずです。私たちは彼らをこの世の目安で判断してはいけません。

この世は、人々を美や、知性や、富や、かっこよさによって評価します。そして、この世は、そんなものを持っていない人を捨てます。

でも、私たちがそうするなら、大切なことを忘れてしまいます。彼らは神様の似姿に造られているからです。

もちろん、彼らを見ると、その似姿がとても歪んでいると思うかもしれません。でも彼らは神様の似姿に造られました。だから、神様は彼らを大事にします。そういうわけで、神様は、あなたのためだけではなく、彼らのためにもイエス様を十字架に送って下さいました。

そうなら、どうして私たちは彼らを軽蔑することが出来るでしょうか。

正直に言うと、私にとって、その考え方を取るのは難しい時もあります。ある人は、愛しにくいですから。でも、神様は彼らを愛しています。もし、私が彼らを愛せないなら、それは私のせいです。もし彼らを見るとき、私が神様の似姿を認識できないなら、私の霊的な目は悪いです。

あなたはどうですか。愛しにくい人を知っているでしょうか。私と一緒に祈りませんか。

主よ。あなたにあって、私は新しく造られた者です。私はあなたが誰であるか分かるようになりました。そのように、私が周りの人々が誰であるか分かるように、私の目を開いてください。つまり、私は彼らをあなたの似姿に造られた人として見るように助けてください。私が彼らを私の愛に値する人として見るように助けてください。私の悪い態度を赦してください。私を変えてください。私に新しい目を与えてください。あなたの目を与えてください。私があなたのように愛するように助けてください。アーメン

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第二, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中