コリント人への手紙第二4章--私たちの希望を失わないように

パウロが4章を始めたように、終えます。それは希望のメッセージです。パウロはいろんな試練に直面したので、希望を失うのが簡単なことだったでしょう。

彼はあらゆることで苦しんでいたし、外には戦いが、内には恐れがありました。(7:5)

私たちにも、そんな経験があったことでしょう。私たちはいろんな試練に直面するだけではなく、自分の感情と戦わなくてはなりません。私たちは自分の恐れや、フラストレーションや、悲しみや、苦しみと戦わなくてはなりません。

自分の大変な状況のため、パウロは途方に暮れた時もありました。

自分の信仰のため、彼は迫害され、また、石打ちにされました。

さらに、このコリントの教会でいろんな問題があって、時々、パウロは、自分の努力が無駄なのではと疑問に思いました。

それでも、パウロは希望を持っていました。彼は途方に暮れても、神様を求めると、脱出の道を見つけることが出来ると知っていました。(第一コリント10:13)

彼が迫害されても、神様に見捨てられなかったことを知っていました。

また、彼が倒れても、滅びないと知っていました。

どうして、自分の状況なのに、パウロはそんな希望を保つことが出来たでしょうか。

なぜなら、パウロは、神様が計画を持っている確信を持っていましたから。彼は1節にこう言いました。

こういうわけで、私たちは、あわれみを受けてこの務めについているので、落胆することがありません。(1)

パウロは、神様が彼にそのミニストリーをゆだねたことを知っていました。そして、神様の与えたミニストリーが無駄なものではなかったと知っていました。むしろ、そのミニストリーを通して、神様が自分の目的を果たすと信じました。

さらに、パウロはそのミニストリーを預かることに値しなかったと知っていました。なぜなら、以前、彼はイエス様とその教会を憎んでいたから。でも憐れみによって、神様はパウロに真理を与えてくださいました。実は、神様はパウロにこう言いました。「あなたは私の名のために苦しみます。」(使徒の働き9:16)

だから、パウロは、自分の苦しみが神様を驚かさないと知っていました。神様はパウロに「え?そんな大変なことは全然予想しませんでした。ごめんね。」とは言いませんでした。

むしろ、神様は、パウロが経験する試練のすべてをあらかじめ知っておられました。だから、パウロはこう信じました。パウロを自分の罪の暗闇の中から救い出して、命の光に導いた憐れみは、試練の暗闇から救い出して、栄光の光に導きます。

そういうわけで、パウロはこう言いました。

ですから、私たちは落胆しません。たとえ私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。私たちの一時の軽い苦難は、それとは比べものにならないほど重い永遠の栄光を、私たちにもたらすのです。私たちは見えるものにではなく、見えないものに目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠に続くからです。(16-18)

要するに、私たちが苦しんでも、私たちが肉体的に、また精神的に崩れるように感じても、神様は毎日私たちの人生に働いています。その試練を通して、神様が私たちをイエス様と同じかたちに変えるので、私たちは神様の栄光を反射します。(3:18)

では、試練の中で、どのように希望を保つことが出来るでしょうか。私たちのトラブルに焦点を当てずに、目に見えない方に焦点を当てるべきです。私たちは神様の目的を知らないかもしれないけど、神様が良い計画を持つことを信じるべきです。

また、私たちの試練は永遠に続かないことを覚えていなくてはなりません。神様がその試練を乗り越えるのを助けると信じるべきです。そして、私たちがあきらめないでいると、結局神様の中にも、私たちの中にも、私たちの状況の中にも、神様の栄光を見ます。

パウロはこう言いました。

私たちの一時の軽い苦難は、それとは比べ物にならないほど、重い永遠の栄光を、私たちにもたらすのです。(17)

それを覚えていましょう。神様はあなたの試練に驚いていません。神様は計画を持っています。だから神様に信頼してください。神様が自分の目的をもたらすことを信じてください。そうすれば、希望を保つことが出来ます。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第二, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中