コリント人への手紙第二4:5-15--私たちが誰のことを宣べ伝えるか

周りの人々は私たちを見ると、どんな人だと思うでしょうか。

多くの場合、私たちの立場や、実績によって人々を感動させたいと思います。正直に言うと、私はいつもその誘惑と戦わなくてはなりません。

私たちは誰でも、周りの人々に認められたいと思います。でも、周りの人々からの栄誉を得るために生きると、私たちのための神様の目的を逃します。

パウロはこう書きました。

私たちは自分自身を宣べ伝えているのではなく、主なるイエス・キリストを宣べ伝えています。私たち自身は、イエスのためにあなたがたに仕えるしもべなのです。(5)

パウロは自分自身を売り込もうと思いませんでした。彼は自分の立場や実績によって人々を感動させようと思いませんでした。むしろ、パウロはイエス様のことを宣べ伝えていました。パウロは周りの人々をイエス様の所に導きました。

自分のことに関してパウロは、イエス様が命じた態度を持ちました。

同じようにあなたがたも、自分に命じられたことをすべて行ったら、「私たちは取るに足りないしもべです。なすべきことをしただけです」と言いなさい。(ルカ17:10)

だからパウロは自分自身を指しても、基本的にこう言いました。「私は取るに足りないものです。大切な方はイエス様なのです。」

彼は、コリント人たちにこう言いました。

私たちは、この宝(つまり、神の栄光を知る知識)を土の器の中に入れています。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものではないことが明らかになるためです。(7)

つまり、「私たちはただ宝の器だけです。さらに、私たちは弱くて、壊れやすい器です。」ということです。パウロは進めました。

私たちは四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方に暮れますが、行き詰まることはありません。迫害されますが、見捨てられることはありません。倒されますが、滅びません。私たちは、いつもイエスの死を身に帯びています。それはまた、イエスのいのちが私たちの身に現れるためです。私たち生きている者は、イエスのために絶えず死に渡されています。それはまた、イエスのいのちが私たちの死ぬべき肉体において現れるためです。また、イエスのいのちが私たちの死ぬべき肉体において現れるためです。(8-11)

要するに、「私たちは弱くて、私たちはもう潰されたはずです。外には、戦いが、内には恐れがありました(7:5)。私たちは途方に暮れたし、迫害され、倒されました。私たちはいつも死の危機に瀕します。私たちがまだ生きている理由は、私たちの偉さではなく、むしろ、私たちのうちにおられるイエス様の偉さです。それに、私たちの試練の中で、イエス様のいのちは私たちの弱いからだを通して輝きます。」

それは私たちのための神様の目的です。神様が望むのは、イエス様が私たちの人生を通して輝くことです。また、その光が私たちの周りの人々の心を照らして、彼らも救われることです(6)。

だからパウロはこう言いました。

こうして、死は私たちのうちに働き、いのちはあなたがたのうちに働いているのです。(12)

私たちは自分自身にこう訊くべきです。「私はだれのために、また何のために生きているだろうか。私の動機は何だろうか。」

パウロにとって、その答えは、はっきりしたものでした。

「私は信じています。それゆえに語ります」と書かれているとおり、それと同じ信仰の霊を持っている私たちも、信じているゆえに語ります。主イエスをよみがえらせた方が、私たちをもイエスとともによみがえらせ、あなたがたと一緒に御前に立たせてくださることを知っているからです。(13-14)

パウロは、イエス様が私たちのために死んで、よみがえられた確信を持っていました。また、パウロは、神様がパウロだけではなく、そのミニストリーによって、パウロが触れた人々も復活させる確信を持っていました。そういうわけで、パウロは福音を宣言しました。

あなたはどうですか。イエス様があなたのために死んで、よみがえられたことを信じるでしょうか。あなたは、自分だけではなく、イエス様を信じる家族や、友達や、知り合い皆も、復活することを信じるでしょうか。

あなたの人生は、あなたが信じることを現します。私たちは、自分のことを売り込もうと思っているでしょうか。もしくは、私たちは彼らをイエス様に導いているでしょうか。私たちは自分の栄光を求めているでしょうか。もしくは、私たちは神様に栄光を与えようと思っているのでしょうか。

毎日、パウロの態度を持ちましょう。

すべてのことは、あなたがたのためであり、恵みがますます多くの人々に及んで感謝が満ちあふれ、神の栄光が現れるようになるためなのです。(15)

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第二, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中