コリント人への手紙第二3:7-18--神様の律法を正しく分かること

多くのクリスチャンたちは、クリスチャン生活をいろんなルールを守るものと見なします。多数のノン・クリスチャンたちも同じ考え方を持っているでしょう。でも、クリスチャンとして、私たちの栄光はルールにあるものではありません。なぜでしょうか。

パウロは、律法に関してこう書きました。

石の上に刻まれた文字による、死に仕える務めさえ栄光を帯びたものであり、イスラエルの子らはモーセの顔にあった消え去る栄光のために、モーセの顔を見つめることができないほどでした。そうであれば、御霊に仕える務めは、もっと栄光を帯びたものとならないでしょうか。

罪に定める務めに栄光があるのなら、義とする務めは、なおいっそう栄光に満ちあふれます。実にこの点において、かつては栄光を受けたものが、それよりさらにすぐれた栄光のゆえに、栄光のないものになっているのです。消え去るべきものが栄光の中にあったのなら、永続するものは、なおのこと栄光に包まれているはずです。(7-11)

律法が来るのは、本当に栄光のあることでした。なぜなら、律法を通して、私たちは神様がどんな方であるか、また、私たちに対する神様の意志を見ることが出来ますから。律法が来る前、人間たちはそのことを知らなかったけど、律法を通して、その真理は明らかになりました。

でも、律法に関して、問題がありました。律法を完全に守る人が誰もいないので、その律法は私たちの死に至らせました。そういうわけで、その栄光はすぐに消え去りました。モーセの顔でも、その栄光はすぐに消え去りました。

モーセがシナイ山から降りて、十戒を持った時、彼の顔は神様の栄光で輝きました。イスラエル人たちはそれを見て怖がったので、モーセは顔に覆いをかけました。でもパウロによれば、その栄光が消え去りつつあっても、モーセはその覆いを外しませんでした。もしかしたら、モーセは恥ずかしかったかもしれません。もしかすると、彼がこう思ったかもしれません。「私がもっと清い人なら、その栄光は消え去らないだろう。」

そうだったかもしれません。

私はもう一度言います。律法の問題は、律法を完全に守る人が誰もいないことです。そういうわけで、律法は誰にも命を与えることが出来ません。律法は私たちをキリストと同じかたちに変える力を持っていません。

それでも、多くの人々は、律法を守ると、神様が彼らを受け入れると思います。パウロによれば、彼らが律法を読むと、覆いは彼らの心にかけられます。(14-15)

だから、彼らは律法に関する真理を見ることが出来ません。つまり、律法の栄光がもう消え去ったのです。だから、彼らはまだ、律法が栄光に満ちていると思って、その律法を通して、彼らが神様に受け入れられると思います。そういうわけで、彼らは頑張って律法を守ろうとします。でも実際は、律法は彼らの罪を指摘して、裁きます。

しかし、覆いが取り除けられると、私たちに分かったのは、律法の栄光がなくなったことです。そして、私たちは本当に栄光のある物を探し始めます。それは何でしょうか。それは、御霊の務めです。イエス様の働きによって、聖霊様の務めは始まりました。十字架で、イエス様は私たちの罪の代価を支払いました。

だから、私たちが信仰をもって、自分の罪を悔い改めて、イエス様を自分の主とすると、聖霊様は私たちの心を変え始めます。そして私たちは日々栄光から栄光へと、主と同じかたちに変えられます。

「栄光から栄光へと。」

律法の栄光と違って、御霊の務めの栄光は決して消え去りません。御霊の務めの栄光は律法の栄光より優れたものですから。

だから律法の目的を正しく理解しましょう。律法を通して、私たちは神様がどんな方であるか分かったし、私たちに対する神様の意志が分かりました。でもその栄光はもう消え去りました。だから、新しい心を持ちたいと思うなら、律法と自分の努力に頼らないでください。

むしろ、毎日、聖霊と歩むことを学びましょう。そうすれば、私たちは周りの人々に天の父の栄光を反映します。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第二, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中