コリント人への手紙第二3章ーーキリストの手紙

私は年寄りなのかもしれません。私は手紙を書くことや、受け取るることをまだ覚えていますから。

私は大学生の時、メールを送ったり受け取ったりしたけど、その時代、メールはまだあまり普及していませんでした。だから、日本に来るとき、私は家族に航空書簡を送りました。(航空書簡を知っている人がまだいるでしょうか。)

今なお友達からの手紙をまだ持っているけど、最近手紙を全然もらっていません。

とにかく、パウロは私たちを「キリストの手紙」と呼びます。パウロはコリント人たちにこう言いました。「私のミニストリーの妥当性を証明するため、あなたたちからの推薦状は要りません。」

むしろ、

私たちの推薦状はあなたがたです。それは私たちの心に書き記されていて、すべての人に知られ、また読まれています。あなたがたが、私たちの奉仕の結果としてのキリストの手紙であることは、明らかです。それは、墨によってではなく生ける神の御霊によって、石の板にではなく人の心の板に書き記されたものです。(2-3)

私たちが、すべての人に知られ、また読まれているキリストの手紙であることは、どういう意味でしょうか。

それは、人々が私たちを見ると、私たちはの人生を通して、彼らがイエス様が生きていて、この世で働いていることが分かることです。

なぜなら、私たちを見ると、彼らは、イエス様が私たちの人生の中で働いて、私たちを変えていることを見ることが出来ますから。

モーセの時代、神様は律法を通して、自分がどんな方であるかをユダヤ人たちに現わしました。特に、十戒を通して、神様は自分の性格を現したし、私たちがどのように生きるべきかを現しました。

でも、その石の板は彼らのためにそれしかできませんでした。つまり、その石の板はユダヤ人たちに(また、私たちに)、心を変える力までは与えることができませんでした。

でも、私たちはクリスチャンになると、神様は自分の律法を私たちの心に書き記します。その律法はただ私たちにどのように生きるべきか教えるだけではありません。むしろ、聖霊様が私たちの心を変えています。毎日、聖霊様は私たちにささやきます。「これが道だ。これに歩め。」(イザヤ書30:21)

そして、聖霊に従うにつれて、私たちは主の栄光を映し始め、栄光から栄光へと主と同じ姿に変えられます。(18)

要するに、私たちはちょとずつ踏み出すと、私たちはますますキリストのようになりつつあるのです。私たちが次の栄光の段階に到達すると、周りの人々は分かります。「イエス様は本当に生きておられます。そのクリスチャンを通してそれが見ることが出来ます。そのクリスチャンを通して、イエス様がどんな方であるか分かります。」

そのように、私たちは彼らへのイエス様の招待状になります。イエス様は彼らに言います。「私の所に来なさい。そうすれば、そのクリスチャンのように、あなたも本当の命を知ります。」

毎日、イエス様の手紙になりましょう。神様が自分の言葉を私たちの心に書きしるして、周りの人々がその栄光を見て、神様を知るように。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第二, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中