コリント人への手紙第二1:18-22--私たちが神様信頼できる理由

試練の時、神様に対する私たちの信仰を失うのは簡単なときがあります。パウロはそんなときがあったでしょうか。特に、彼は非常に激しい、耐えられないほどの圧迫を受け、生きる望みさえ失うほどのとき、その信仰を失う危機にあったでしょうか。(8)

でも結局、その試練を通して、パウロたちは神様に頼ることを学びました。(9)

どうして、彼らはその信仰を保つことが出来たでしょうか。また、どのように私たちは自分の信仰を保つことが出来るでしょうか。

パウロはこう書いきました。

神の真実にかけて言いますが、あなたがたに対する私たちのことばは、「はい」であると同時に「いいえ」である、というようなものではありません。(18)

その言葉の中で、私の心を打つことの一つは、神様が真実な方であることです。試練の中で振り返ると、私たちはその真理が分かるはずです。でも、私たちの人生だけを振り返らずに、昔のクリスチャンと現代のクリスチャンの人生をも見ると神様の真実さが分かります。さらに、私たちの罪のためにイエス様を送ったとき、神様は自分の約束を守ることで、自分の真実さを証明しました。

パウロは、「私たちのことばは、「はい」であると同時に「いいえ」である、というようなものではありません。」と言いました。

要するに、福音は私たちが頼ることが出来るものです。そのメッセージは決して変わりません。神様は私たちに、「イエスを信じれば、あなたは救われる」と約束したので、天国の門で、急に「やっぱりだめです。私の気が変わりました。入ってはいけません」とは決して言いません。ほかの人は自分の約束を破るかもしれないけど、神様の約束は変わりません。神様は真実な方だから。

だからパウロはこう言いました。

たとえすべての人が偽り者であるとしても、神は真実な方であるとすべきです。(ローマ3:4)

パウロは続けます。

私たち、すなわち、私とシルワノとテモテが、あなたがたの間で宣べ伝えた神の子キリスト・イエスは、「はい」と同時に「いいえ」であるような方ではありません。この方においては「はい」だけがあるのです。神の約束はことごとく、この方において「はい」となりました。それで私たちは、この方によって「アーメン」と言い、神に栄光を帰するのです。(19-20)

要するに、この常に変わりつつある世界でもイエス様は決して変わりません。言い換えると、「イエス・キリストは、昨日も今日も、とこしえに変わることがありません。」(へブル13:8)

イエス様にあって、神様の約束はすべて確認されていました。イエス様は、良い知らせを宣べ伝え、病気の人を癒し、私たちの罪のために死んだとき、メシアについての預言を満たしました。そして、ある日、イエス様は永遠の国を開始して、残りの預言を満たします。

だから、私たちは神様の他の約束を信じることが出来るのは、なおさらです。つまり、試練の時、神様が私たちと共におられる約束です。また、この試練がただ一時的なことだけという約束です。また、私たちは勝利を得て、その試練から私は金のように、出て来るという約束です。

だから、イエス様に会って、私たちは「アーメン。あなたがそれらのことを約束したので、必ずそれらの約束を守ると信じます。」と言えます。

でもパウロはさらに言います。

私たちをあなたがたと一緒にキリストのうちに堅く保ち、私たちに油を注がれた方は神です。神はまた、私たちに証印を押し、保証として御霊を私たちの心に与えてくださいました。(21-22)

神様は私たちに聖霊という油を注ぎました。神様は自分の目的のために私たちを聖別しました。さらに、神様保証の証印を私たちに押しました。その証印を通して、神様は宣言します。「この人は私のものです。私のひとり子の血によって、この人を贖いました。」

そして、聖霊様は神様がすべての約束を守る保証です。

だからどんな試練に直面しても、神様に信頼しましょう。ほかの人々は私たちをがっかりさせるかもしれないけど、神様は真実な方です。

あなたはどうですか。神様に信頼するでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第二, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中