コリント人への手紙第二1:6-7--自分のことに焦点を当てないこと

この個所を読むと私は、パウロがキリストの模範に従っていたことに気づきました。

もし、イエス様はただ快適な生活を送ることに関心があったとしたら、この世に来なかったでしょう。彼は飼葉おけに寝ていなかったでしょう。彼は貧しい大工の家で成長していなかったでしょう。枕する所もない日を経験しなかったでしょう。彼は十字架に行かなったでしょう。でも、イエス様はそのすべてを経験しました。どうしてでしょうか。

それは私たちの慰めと救いのためです。私たちの罪のゆえ、また、この世の悪の故、私たちは惨めでした。さらに、私たちは破滅への道を歩んでいました。イエス様はそれを見て、天国の楽な生活を捨てて、私たちのために苦しみました。

パウロはイエス様の模範を見て、従いました。コリント人たちやほかの人々のためにパウロは遭難や、禁固や、飢えや迫害を経験しました。なぜでしょうか。パウロは自分の楽な人生に焦点を当てませんでしたから。むしろ、彼は周りの人々の苦しみとニーズを見ました。

パウロは慰めを受けたときにも、彼はただ自分のことに焦点を当てませんでした。むしろ、パウロの希望は、コリント人たちがパウロの経験を見ると、励まされることです。つまり、彼らはこの世の試練は大変だけど、一時的なものだと分かるようになることです。なぜなら、パウロも安心と神様の喜びを知りましたから。だからコリント人たちは自分の試練の中で、自分たちが結局慰められる希望を持っていたでしょう。そして、その希望によって、彼らは耐える勇気を持ったでしょう。

自己中心になることは簡単なことです。神様の愛をスポンジのように吸収して、楽な人生を望むことは簡単なことです。

でも、神様は、私たちがそんな態度を取るのを望みません。むしろ、神様は、私たちがイエス様の模範に従い、私たちが苦しまなくてはならなくても、自分の楽な人生を捨て、周りの人々の救いのために働くように望みます。

でも、私たちがイエス様の目を持たないと、私たちは決してそんなことをしないでしょう。イエス様は周りの人々の苦しみを見ました。だから彼は十字架に行きました。あなたはイエス様の目を持っているでしょうか。

イエス様、私はしばしば自分勝手な生活を送ります。私はただ自分の快適な人生や、満足のために生きます。赦してください。私の回りでは、たくさんの人々は苦しんでいます。彼らは、あなたを必要とします。私があなたの目で彼らを見るように助けてください。私は彼らの心を見極めるように助けてください。彼らのニーズを見るように助けてください。あなたの憐れみ深い心を私に与えてください。あわれみ深い父、あらゆる慰めに満ちた神、あなたの憐れみや慰めが私を通して周りの人々に流れるように。イエス様の御名によって祈ります。アーメン。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第二, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中