コリント人への手紙第二1:1-10ーー試練の中の慰め

これは、聖書の中で、私は最も好きな個所の一つです。パウロはこう書きました。

私たちの主イエス・キリストの父である神、あわれみ深い父、あらゆる慰めに満ちた神がほめたたえられますように。神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。それで私たちも、自分たちが神から受ける慰めによって、あらゆる苦しみの中にある人たちを慰めることができます。私たちにキリストの苦難があふれているように、キリストによって私たちの慰めもあふれているからです。(3-5)

私たちの試練と苦しみの時、私たちは、神様が私たちのことを愛しているかどうか疑問に思うことがあります。でも、パウロによれば、神様は「あわれみ深い父」です。

要するに、私たちのトラブルを見ると、神様は無関心ではありません。むしろ、神様は憐れみに満ちる心をもって、私たちのことを考えます。

イエス様は、苦しんでいるイスラエル人たちを見たとき、そんな心を持っていました。何回も福音書の著者たちは「イエスは深くあわれみ。。。」と書きました。その点では、イエス様は天の父の性格を完全に反映しました。

でも、パウロはもう一つのことを言いました。パウロによれば、神様は「あらゆる慰めに満ちた神」です。神様は私たちに対する憐れみを感じるだけではなく、御手を伸ばして私たちに触れてくださいます。

ある日、ツァラアトのある人はイエス様のもとに来ました。(マタイ8)

イエス様は深く憐れみ、手を伸ばしてその人に触れました。たぶんその人は何年も人に触れられていなかったでしょう。なぜなら、周りの人々はその病気にかかりたくないと思ったから。でもイエス様が触れたことによって、その人は慰められたし、癒されました。

そして、パウロによれば、私たちの苦難があふれているように、キリストによって私たちの慰めもあふれています。(5)

パウロは自分の経験によって話しました。彼は自分の力で耐えられない痛烈な苦しみを経験しました。

私たちはよく聞きます。「神様は私たちに耐えられない試練を許しません。」

ある程度まで、その言葉は正しいけど、実は、その言葉は不完全です。神様は私たちが自分の力で耐えられない試練を許します。私たちは「耐えられないほどの圧迫を受ける」ときもあるかもしれません。私たちは「生きる望みさえ失うほどの圧迫を受けるかもしれません。」(8)

どうして、神様はそんな試練を許すでしょうか。

パウロは説明します。

それは、私たちが自分自身に頼らず、死者をよみがえらせてくださる神に頼る者となるためだったのです。(9)

要するに、私たちが自分の力でこの人生を送ることが出来ないことを学ぶように、神様はこんな試練を許すことです。でも、私たちは神様に頼るなら、神様が死者をよみがえらせるほどに力強い方と分かるようになります。そして、神様は自分の恵みによって、私たちを絶望の落とし穴から引き揚げて、新しい希望と命を与えてくださいます。

神様はパウロにこう言いました。

わたしの恵みはあなたに十分である。わたしの力は弱さのうちに完全に現れるからである。(第二コリント12:9)

だから、私たちはその試練を通過して、振り返ると、神様が私たちと共におられていたことが分かります。だから未来の試練に直面すると、私たちは、その同じ神が私たちをもう一度救ってくださる希望を持つことが出来ます。パウロはそう学んで、確信を持って、こう言いました。

神は、それほど大きな死の危険から私たちを救い出してくださいました。これからも救い出してくださいます。私たちはこの神に希望を置いています。(10)

あなたはどうですか。果てしのない試練に直面しているのでしょうか。あなたはもう耐えられないと思うでしょうか。神様があなたを愛して、あなたを見捨てないことを覚えていてください。だから自分の力に頼らず、神様の力に頼ってください。そうすれば、神様の恵みによって、あなたはその試練を通過します。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第二, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中