コリント人への手紙第一16:22-23ーー主よ、来てください

この世とその悪を見ると、失望するのは簡単なことです。でもクリスチャンとして、私たちは希望を持っています。なぜでしょうか。

パウロはこう書きました。

主を愛さない者はみな、のろわれよ。主よ、来てください。主イエスの恵みが、あなたがたとともにありますように。(22-23)

その最初の言葉はちょっと厳しいですけど、その言葉は現実です。主を愛さない人は、呪われている。彼らは神様の律法に違反したし、救いの方法、つまり、イエス様を拒絶しました。イエス様を呪うことさえする人もいます。(第一コリント12:3)

でもイエス様を愛している私たちのために、イエス様は呪われました。パウロはこう書きました。

キリストは、ご自分が私たちのためにのろわれた者となることで、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。「木にかけられた者はみな、のろわれている」と書いてあるからです。(ガラテヤ3:13)

イエス様は十字架で、私たちの罪の代価を支払って、律法の要求を満たしました。でもそれだけではなく、イエス様は復活して、死を破りました。

イエス様は生きておられるので、私たちも永遠に生き続ける確信を持っています。(ヨハネ14:12)

イエス様がこの世に来る日、私たちはたちまちキリストに似た者となります。すべての涙は私たちの目からぬぐい取られます。また、すべての悲しみはなくなります。

だから、パウロのように私たち皆は、「マラナタ」、つまり、「イエス様、来てください」と叫びます。

でも、私たちはもう一つの希望を持っています。それは、イエス様が来る日まで、イエス様は私たちに恵みを与えてくださることです。私たちが罪を犯しても、失敗しても、毎日イエス様は私たちのためにとりなしてくださいます。試練に直面するとき、イエス様は私たちに力を与えてくださいます。そしてイエス様は、私たちの間で良い働きを始めたことを完成させてくださいます。(ピリピ1:6)

だからあなたがどんな状況でも、希望を失わないでください。むしろ毎日、信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいましょう。イエス様にあって、私たちは希望と命を持っているから。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中