コリント人への手紙第一16:13-14--男らしくふるまること

新改訳2017を見ると、あなたは気づかないかもしれないけど、パウロはもちろんコリント人たちの皆に話しているけど、たぶん、特に男性たちに話していると思います。

彼はこう言いました。

目を覚ましていなさい。堅く信仰に立ちなさい。雄々しく、強くありなさい。一切のことを、愛をもって行いなさい。(13-14)

以前の新改訳はその箇所をより文字通りに翻訳しました。

目を覚ましていなさい。堅く信仰に立ちなさい。男らしく、強くありなさい。(13)

その言葉は、ソロモンに対するダビデの言葉に似ています。

私は世のすべての人が行く道を行こうとしている。あなたは強く、男らしくありなさい。(列王記第一2:2)

「男らしくありなさい」とは、新改訳2017の通りに、「雄々しくありなさい」という意味です。でも多分、パウロは13-14節のことを全部含めているでしょう。

1.目を覚ましていなさい。どうして私たちはそうするべきでしょうか。なぜなら、サタンと悪霊は私たちを攻撃したいから。また、私たちを迫害しようと思う人もいます。さらに、教会では悪いことを教える人も現れます。私たちは霊的な戦いに入っています。教会の中でも外でも、私たちは敵と向き合います。そういうわけで、私たちは目を覚まさなくてはいけません。

2.堅く信仰に立ちなさい。嵐が来るとき、試練やトラブルが来るとき、あなたの信仰が揺るがないように。躓かないように。むしろ、堅く立ちなさい。

3.強くありなさい。自分の力に頼らず、主の力に頼りなさい。そして、敵と向き合う時、神様があなたと共におられることを覚えていて、雄々しくありなさい。

4.一切のことを、愛をもって行いなさい。自分の傲慢やプライドをもって、行ってはいけません。勢力や尊敬を得るためではなく、むしろ、愛をもって行いなさい。

女性たちもそのようにふるまうべきでしょうか。もちろんそうです。でも男性たちは、男らしくふるまいたいと思うなら、私たちはそんな生活を送らなくてはいけません。

男性たち。あなたは男性らしくふるまっているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中