コリント人への手紙第一16:1-4--献金をあげるとき

教会を訪れたとき、パウロは、しばしばエルサレムの貧しいクリスチャンたちのために献金を集めました。

その献金に関するパウロの指示では、私たちは献金を捧げるいくつかの原則を見ることが出きます。

一つ目は、自分の収入に応じて捧げることです。あなたよりお金を儲ける人と同じ金額を与える必要はありません。神様はあなたの収入や、どれぐらい与えることが出来るかご存じです。神様にとって、大切なのは金額ではなく、あなたの心です。(ルカ21:1-4)

二つ目は、意図的に与えることです。それはどういう意味でしょうか。

要するに、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心から与えるべきです。(第二コリント9:7)

また、最初から、どれぐらい与えたいと思うか決めるべきです。言い換えると、自分の予算には献金のカテゴリーを入れるべきです。

このように思わないでください。「私がほかの費用を支払った後、もし残り物があれば、その残り物の部分を与えましょう。」

むしろ予算を作るとき、どれぐらい献金するかを決めてください。そして必要があれば、自分が決めた献金を捧げるため、ほかの費用を減らしてください。

パウロの言葉で、私たちはその原則を見ることが出来ます。

私がそちらに行ってから献金を集めることがないように、あなたがたはそれぞれ、いつも週の初めの日に、収入に応じて、いくらかでも手もとに蓄えておきなさい。(2)

でも、あなたの教会がちゃんと財務的な説明責任を持つことを確認してください。

そういうわけで、パウロはこう言いました。

私がそちらに着いたら、あなたがたの承認を得た人たちに手紙を持たせてエルサレムに派遣し、あなたがたの贈り物を届けさせましょう。もし私も行くほうがよければ、その人たちは私と一緒に行くことになるでしょう。(3-4)

パウロの意図は、お金に関して説明責任があったし、お金を扱う人は頼もしい人だったことです。

神様は私たちにお金を託しました。だからお金をそのように思って、お金の使い方を通して神様に栄光を与えましょう。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中