コリント人への手紙第一15:1-11--一番大切なこと

この個所がこの手紙の最も大切なところだと思います。なぜなら、この言葉は私たちの信仰の基礎ですから。パウロはこう書きました。

兄弟たち。私があなたがたに宣べ伝えた福音を、改めて知らせます。あなたがたはその福音を受け入れ、その福音によって立っているのです。私がどのようなことばで福音を伝えたか、あなたがたがしっかり覚えているなら、この福音によって救われます。そうでなければ、あなたがたが信じたことは無駄になってしまいます。

私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書に書いてあるとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおりに、三日目によみがえられたこと、5また、ケファに現れ、それから十二弟子に現れたことです。。。とにかく、私にせよ、ほかの人たちにせよ、私たちはこのように宣べ伝えているのであり、あなたがたはこのように信じたのです。(1-5,11)

福音は何でしょうか。

1.イエス様が私たちの罪のために死んだことです。

2.イエス様が葬られたことです。

3.イエス様が三日目に蘇られたことです。

そして、その出来事は、神様の預言者の言葉に応じて起こりました。特に、イザヤ書53章で、その預言を見ることが出来るけど、ほかの個所でも、いろんなイエス様に関する預言を見ることが出来ます。

パウロにとって、そのメッセージは最も大切なメッセージでした。どうしてでしょうか。

あなたが。。。この福音によって救われます。(2)

もし、人が、自分の罪から救われて、永遠の命を持ちたいと思うなら、その三つのことを信じなくてはなりません。ほかの方法は一切ないのです。

もし私たちの良い行動によって私たちが救われたら、パウロにとっては、神様の律法が最も大切なことだったでしょう。

もし永遠の命がないなら、パウロにとっては、最も大切なことが私たちがどのようにこの人生を送るかということだったでしょう。

でも永遠の命はあります。そして、永遠への道はイエス様の十字架です。天の父はイエス様の十字架の働きを受け入れました。その証拠に、神様はイエス様を復活させました。

だから、パウロはその真理が一番大切なことだと思いました。パウロはどこに行っても、だれと話しても、そのメッセージを伝えました。

あなたはどうですか。あなたにとっては、福音は一番大切なことでしょうか。周りの人々にその福音を伝えるほどに、福音を大切にするでしょうか。福音を本当に信じるなら、私たちは周りの人々にそのメッセージを伝えるはずです。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中