コリント人への手紙第一14:20-25--私たちの賜物を理解すること

この個所を解釈するのは、かなり難しいです。私はいろんな解釈を聞いたので、その個所が分かると思うけど、私の解釈が正しいかどうかわかりません。もしかしたら、将来私の意見は変わるかもしれません。

前回の記事で私は言いましたが、パウロは異言と預言の違いを説明し、どうして教会で預言の方が大事か教えます。

パウロは最初にこう言いました。

兄弟たち、考え方において子どもになってはいけません。悪事においては幼子でありなさい。けれども、考え方においては大人になりなさい。(20)

コリント人たちはどのように幼い子のようにふるまったでしょうか。彼らにとっては、霊的な賜物、特に異言は、新しいおもちゃのようでした。彼らはその賜物を用いたけど、周りの人々に対する影響を全然考えませんでした。むしろ、彼らはただその賜物を使うことを楽しみました。

もしかしたら、彼らはその霊的な益を感じたかもしれません。(4)

または、彼らはノン・クリスチャンの前に自分の賜物を披露したいと思いました。

だからパウロは彼らに言いました。「悪事においては幼子でありなさい。でも霊的な賜物やほかの霊的なことに関して、大人のように考えなさい。自分自身だけについて考えてはいけません。周りのノン・クリスチャンについて考えて、特に、あなたの行動がどのように彼らに影響を与えるか考えなさい。」

コリント人たちはどのように考えていたでしょうか。もしかしたら、彼らはノン・クリスチャンに良い影響を与えていると思ったかもしれません。なぜなら、何年前にペンテコステの時、異言を通して、たくさんのノン・クリスチャンがクリスチャンになったから。

でもコリント人たちは大切なことを忘れてしまいました。そのペンテコステの日、エルサレムに来た外国人たちは、その異言を理解しました。使徒たちやほかのクリスチャンたちはその外国人たちの言葉で、神様の栄光を賛美したから。

でも、コリント人の礼拝では、参加するノン・クリスチャンたちはその異言が全然わかりませんでした。だから、彼らは感動せずに、むしろコリント人たちのクリスチャンたちの頭がおかしいと思いました。

だからパウロは彼らに言いました。「あなたたちは礼拝の時、異言でしゃべって、ノン・クリスチャンに感動させようと思うのかもしれないけれど、聖書の言葉を考えて見なさい。」

つまり、

「わたしは、異国の舌で、異なる唇でこの民に語る。それでも彼らは、わたしの言うことを聞こうとはしない」と主は言われる。(21)

この言葉は、イザヤ書28:11ー12から来ています。

その文脈は、イスラエル人たちは神様の言葉をちんぷんかんぷんと見なしました。だから、神様は彼らに言いました。「あなたは私の言葉がちんぷんかんぷんだと思うでしょうか。では、本当のちんぷんかんぷんを見せよう。あなたたちはほかの国に追放されれば、あなたにとっては、彼らの言葉はわけのわからないものになります。しかし、それでも、あなたたちは悔い改めないでしょう。」

パウロは神様の言葉を異言に当てはめます。「分からないのですか。訳されていない異言はノン・クリスチャンに対しては、もちろんしるしです。(22)

でも、そのしるしによって、彼らの改心のためではなく、彼らの裁きのためです。彼らが理解できる言葉を拒絶したので、神様の言葉は全部、彼らに対してちんぷんかんぷんになります。その結果は、彼らが悔い改めずに、逆に彼らの心はさらに頑なになることです。」

だからパウロは彼らにこう言いました。

ですから、教会全体が一緒に集まって、皆が異言で語るなら、初心の人か信じていない人が入って来たとき、あなたがたは気が変になっていると言われることにならないでしょうか。(23)

ペンテコステの日でも、異言が分からないユダヤ人たちはそう言いました。(使徒の働き2:13)

その反面、預言は信じるようになる人のためのしるしです。(22)

しかし、皆が預言をするなら、信じていない人や初心の人が入って来たとき、その人は皆に誤りを指摘され、皆に問いただされ、心の秘密があらわにされます。こうして、「神が確かにあなたがたの中におられる」と言い、ひれ伏して神を拝むでしょう。(24-25)

でも、私には認めなくてはならないことがあります。22節で、パウロは「信じるようになる人」と言わずに、「信じている人」と言います。でも、24ー25を見れば、パウロは将来に信じるようになる人について話しているようです。

では、私たちはこの個所から何を学ぶことが出来るでしょうか。コリント人たちは霊的な賜物とその目的が正しく理解できませんでした。だからパウロは彼らに警告しました。「あなたの賜物の使い方は、あなたの願いをもたらさず、逆効果をもたらすでしょう。」

あなたはどうですか。あなたの賜物が正しく分かるでしょうか。その賜物は誰のためか、何のためか覚えているでしょうか。その賜物を悪い方法で使うなら、あなたはその結果に驚くでしょう。

だから覚えていてください。その賜物は主に私たちの益のためではありません。むしろ、その賜物は神様の目的と栄光のためです。あなたはどのように自分の賜物を使っているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中