コリント人への手紙第一13:13ーー何が残るか

13章のパウロの最後の言葉は興味深いです。パウロは、私たちがイエス様の御顔を見ると、何の賜物がなくなるかについて話したばかりでした。でも、13節では、パウロは天国に残るものについて話します。彼はこう言いました。

こういうわけで、いつまでも残るのは信仰と希望と愛、これら三つです。その中で一番すぐれているのは愛です。

天国でも、信仰が残ることが興味深いことだと思います。なぜなら、私たちは神様の御顔を見るから。どうして私たちは信仰が必要でしょうか。もしかしたら、天にある信仰は、この世にある信仰と違うのかもしれません。

私たちがこの世にいる間、私たちの罪深い心のゆえに、私たちは神様を信じることに苦労します。私たちの心の一部は神様を信じるけど、一部は信じません。マルコ9章で、ある父は自分の心でそんな戦いがありました。私たちに神様が見ることが出来ないし、御声が聞こえないので、信じるのは難しいのです。

でも、私たちが天の父に会うと、天の父を信じやすくなります。神様の御顔と愛を見ると、私たちが神様を信じることは当然なことになります。私は今そんな信仰をもっていたらいいのにと思います。

天国では、希望があることも、ちょっと不思議だと思います。何を望むでしょうか。私たちはもう救われて、天国にいるのです。

でも天国にある希望も、世にある希望と違うと思います。私たちが天国で苦しんでいて、救いを望むというわけではありません。むしろ、私たちはもう喜びをもっているし、将来もさらに喜ぶという希望を持っています。なぜなら、私たちは神様が良い方だと信じますから。

でも、パウロによれば、その中で一番すぐれているのは愛です。なぜでしょうか。ちょっとわからないけど、もしかしたら、一つの理由は、希望と信仰は残るけど、ちょっと変わるからです。

今の信仰の大きい要素は、目が見えないものを信じることです。(へブル11:1)。でも、天国では私たちは神様の御顔を見ます。

そのように、希望の大きい要素は、目で見えないものを望むことです(ローマ8:24)。でもキリストを見ると、私たちの一番大きい希望は満たされます。キリストにあって与えられたものと比べると、私たちがまだ希望するものは取るに足りないものになります。

でも天国では、私たちの愛は完全になります。私たちの嫉妬や、プライドや、自己中心な態度を私たちの愛から清められて、私たちが今まで経験した愛よりも、その愛はもっと満ちた物、もっと清い物になります。

私はその日を待ちきれません。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中