コリント人への手紙第一13:11--大人になるのに

11節で、パウロはこう言いました。

私は、幼子であったときには、幼子として話し、幼子として思い、幼子として考えましたが、大人になったとき、幼子のことはやめました。(11)

この個所の文脈を見れば、パウロは天国の人生と地上の人生を比べているようです。つまり、天国に行くと、私たちは大人になるけど、地上にいる間、私たちはいろんな意味でまだ幼子です。だから、とりあえず私たちはいろんな霊的な松葉杖が必要です。

私たちに神様の言葉がもっとはっきりと聞こえるように、私たちは預言が必要です。どうやって祈ればいいか分からないとき、異言が必要です。私たちは神様のことをもっと理解したいと思うなら、限定された知識を持っている人間から学ばなくてはなりません。

でも天国では、その霊的な松葉杖は要らなくなります。なぜなら、私たちは神様の御顔を見るから。

それがパウロの主旨だと思います。

でももしかしたら、パウロは、コリント人たちが成長するように挑戦していたかもしれません。

3章では、パウロは彼らの幼い考え方を批判しました。(3:1-4)。

だから、この個所では、パウロは基本的にこう言っているのかもしれません。「もう成長しなくてはなりません。幼いクリスチャンの時、あなたはこの世のように考えました。でも、成熟したクリスチャンになる時間です。あなたのくだらない喧嘩を脇へ置きなさい。あなたの受けた賜物と祝福を誇らず、あなたの思いや行動に関して、成熟しなさい。

あなたはどうですか。あなたは幼子として考えるでしょうか。幼子として話すでしょうか。幼子としてふるまうでしょうか。もしかしたら、あなたの信仰は成熟しているでしょうか。

私たちが幼いクリスチャンとして生活することに満足しないように。むしろ、成長しましょう。

もちろん、どんなに成長しても、私たちは完全な人ではありません。天国にに着いてこそ、私たちはやっと完全になります。でも、それは成長しない言い訳にはなりません。

だから、成熟を目ざして進みましょう。また、キリストの恵みと知識において成長しましょう。(へブル6:1;第二ペテロ3:18)

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中