コリント人への手紙第一12:12-30--私たちはほかのクリスチャンをどのように見なすか

前回の記事では、私は、私たちがどのように自分をキリストのからだの部分として見なすべきかについて話しました。でも、私たちはどのようにほかのクリスチャンたちを見なすべきでしょうか。

パウロはこう書きました。

ちょうど、からだが一つでも、多くの部分があり、からだの部分が多くても、一つのからだであるように、キリストもそれと同様です。私たちはみな、ユダヤ人もギリシア人も、奴隷も自由人も、一つの御霊によってバプテスマを受けて、一つのからだとなりました。そして、みな一つの御霊を飲んだのです。(12-13)

パウロの言葉で、一番大切な真理は、私たちクリスチャンたちは一つのからだということです。もちろんからだには多くの部分がありますけど、私たちは一つのからだで、私たちは互いに必要とし合います。

また、パウロによれば、一つの御霊によって私たちはバプテスマを受けたし、一つの御霊を受けて、一つのからだとなりました。さらに、同じ御霊は私たちをキリストのからだに置いたし、私たちの中で働いています。だからどうして私たちはほかのクリスチャンたちを見下すことが出来るでしょうか。

私たちが彼らを見ると、彼らに住んでおられる御霊を見るはずです。どうして私たちは彼らに住んでおられる御霊を軽蔑できるでしょうか。どうして彼らの中で働いている御霊を見下すことが出来るでしょうか。

以前の記事で私は言いましたが、パウロによれば、私たちはほかのクリスチャンに「あなたはいらない」と言えません。私たち皆は互いに必要とし合うから。キリストのからだがちゃんと動くのに、私たち皆は自分の役割を果たさなくてはいけません。私たち皆は、キリストのからだに欠かせない者です。

さらに、パウロはこう言いました。

それどころか、からだの中でほかより弱く見える部分が、かえってなくてはならないのです。(22)

数年前、バスケットボールをしたとき、私は右手の薬指を骨折しました。それ以前、私は自分の薬指の大切さがわかりませんでした。その手で何も握ることが出来なくなり、メールを打つのも大変になりました。簡単にできる行動は、とても難しくなりました。

パウロは続けました。

また私たちは、からだの中で見栄えがほかより劣っていると思う部分を、見栄えをよくするものでおおいます。こうして、見苦しい部分はもっと良い格好になりますが、格好の良い部分はその必要がありません。(23-24a)

例えば、足と手を考えてみてください。「美しい手」という表現を聞いたことがあるけど、「美しい足」という表現はあまり聞いたことがありません。(「美しい脚」という表現を聞いたことがあるけど)。

それでも、たぶん、手よりも足はマッサージされるでしょう。また、靴を買うと、スタイルだけではなく、履き心地も考えるでしょう。

だからパウロはこの話をこのようにまとめます。

神は、劣ったところには、見栄えをよくするものを与えて、からだを組み合わせられました。それは、からだの中に分裂がなく、各部分が互いのために、同じように配慮し合うためです。(24b-25)

同じように配慮し合うこと。その言葉は、霊的な賜物に関する人のプライドや利己的な態度に反対します。

あなたの霊的な賜物を考えると、主に自分自身の益について考えるでしょうか。もしくは相手の益について考えるでしょうか。自分自身に焦点を当てるでしょうか。または、ほかの人に焦点を当てるでしょうか。

イエス様のことを考えてみてください。イエス様はいろんな力を持っていたけど、自分自身に栄光を与えるためにその力を使いませんでした。むしろ、彼はいつも周りの人々のニーズを考えました。

パウロはさらに言いました。

一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。(26)

痛みは興味深いものです。痛みがあれば、私たちは痛んでいる部分に焦点を当てます。体のほかの部分は大丈夫かもしれないけど、指を骨折すると、私たちは「まあ、私は99%元気だ」と思いません。むしろ、私たちは「痛い!」と思います。

私たちはほかの人々を見るときも、そう考えるべきです。彼らが悩んでいるとき、私たちは彼らを無視してはいけません。むしろ、私たちは彼らに触れ、助けるべきです。

パウロはこう言いました。

あなたがたはキリストのからだであって、一人ひとりはその部分です。(27)

だから、ほかのクリスチャンたちを見下してはいけません。神様はそうしないので、私たちもそうしてはいけません。むしろ、彼らを神様の目で見るべきです。彼らを神様が大事するものとして扱うべきです。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中