コリント人への手紙第一12:4-18ーー神様の目的のため、神様の栄光のため

霊的な賜物に関するプライドや嫉妬を考えると、たぶん一番の問題は、私たちが大切な真理を忘れることです。それは、人生は私たち自身が中心ではないことです。私たちは自分の目的を果たすために造られませんでした。私たちは自分の栄光のために造られませんでした。むしろ、私たちは神様の目的を果たすために造られました。また、私たちは神様の栄光のために造られました。

4ー6節では、私たちはその真理を見ます。私たちはいろんな賜物を持っているけど、私たちは自分自身にその賜物を与えませんでした。むしろ、神様はその賜物を私たちに与えてくださいました。だからパウロはこう言いました。

いったいだれが、あなたをほかの人よりもすぐれていると認めるのですか。(そのことを認める人が誰もいません)。あなたには、何か、もらわなかったものがあるのですか。(もらわなかったものがありません)。もしもらったのなら、なぜ、もらっていないかのように誇るのですか。(誇る理由が全然ありません)。(4:7)

でも、私たちは、しばしば自分が神様からの賜物であるかのようにふるまいます。

ある意味では、私たちは神様からの賜物です。神様は、私たちが周りの人々を祝福するように望みます。でも、それは私たちの栄光と益のためではありません。それは周りの人々の益のためだし、神様の栄光のためです。前回の記事で私が言ったが、私たちの賜物は教会の人々の益のためです。(12:7)

パウロは続けます。

同じ一つの御霊がこれらすべてのことをなさるのであり、御霊は、みこころのままに、一人ひとりそれぞれに賜物を分け与えてくださるのです。(11)

パウロによれば、聖霊様は自分の目的を果たすために、私たちに賜物を与えてくださいます。

パウロはさらに言います。

しかし実際、神はみこころにしたがって、からだの中にそれぞれの部分を備えてくださいました。(18)

私たちは、神様の目的を果たすために、私たちがキリストのからだ(つまり、教会)に置かれた事をもう一度見ます。

そういうわけで、私たちにはプライドの余裕がありません。私たちの目的のためではなく、神様の目的のために、私たちは賜物を与えられたし、教会に置かれました。

また、嫉妬の余裕がありません。神様は自分の理由のために、あなたをその所に置きました。

神様は「あ、しまった。私はあなたを造ったとき、失敗した。まあ、しょうがない。あなたをあまり用いることが出来ないけど、とりあえずあなたをそこに置きましょう。」とは全然言いません。

むしろ、神様があなたを造ったとき、こう言いました。「特別の目的のためにあなたを造りました。キリストのからだで、この機能を果たすために、私はあなたを特別にデザインしました。」

あなたはどうですか。自分の賜物があなたの目的を果たすためだと思うでしょうか。自分の賜物はあなたの栄光のためだと思うでしょうか。もしかしたら、その賜物が神様の目的、また神様の栄光のためだと分かるでしょうか。

あなたの賜物に関する自己中心の態度は、プライドと嫉妬に至らせます。あなたはどんな態度を持っているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中