コリント人への手紙第一11:32--主があなたを懲らしめても

12章に進む前に、もう一つのことについて話したいと思います。パウロは32節で、こう言いました。

私たちがさばかれるとすれば、それは、この世とともにさばきを下されることがないように、主によって懲らしめられる、ということなのです。

私たちが罪を犯すとき、神様は私たちを懲らしめます。その懲らしめが苦しいので、神様が私たちを憎むことを考えるのは、簡単かもしれません。また、神様があなたのことをあきらめたと思うかもしれません。

でもパウロは、その考え方は間違っていると言います。むしろ、神様が私たちを懲らしめる目的は、私たちが世とともに裁かれないためです。要するに、神様は、私たちを世の人々が歩んでいる破壊に至る道から、命に至る道に導いてくださいます。

5章では、私たちは一つの例を見ました。パウロは、悔い改めるのを拒んだ兄弟に関して、こう言いました。

そのような者を、その肉が滅ぼされるようにサタンに引き渡したのです。それによって彼の霊が主の日に救われるためです。(5:5)

パウロの目的は、その人を滅ぼすことではなく、むしろ、その人を救うことでした。

だから、神様があなたの懲らしめるとき、神様があなたを憎まないことを覚えていてください。神様はあなたを敵として考えません。

あなたが実際に神様の敵であった時に、神様がイエス様を送って、イエス様はあなたの罪のために死んでくださいました。もし、あなたが神の敵の時に、神様があなたを和解してくださっていたら、なおさら神様はあなたを神の子供として和解してくださるでしょうか。(ローマ5:6-11)

自分の罪の故、あなたは神様に懲らしめられているのですか。元気を出してください。神様はあなたをまだ愛しています。あなたのことをあきらめていません。だからその懲らしめの痛みを感じていても、へブル人への手紙の著者の言葉を覚えていてください。

そして、あなたがたに向かって子どもたちに対するように語られた、この励ましのことばを忘れています。「わが子よ、主の訓練を軽んじてはならない。主に叱られて気落ちしてはならない。主はその愛する者を訓練し、受け入れるすべての子に、むちを加えられるのだから。」

訓練として耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が訓練しない子がいるでしょうか。もしあなたがたが、すべての子が受けている訓練を受けていないとしたら、私生児であって、本当の子ではありません。

さらに、私たちには肉の父がいて、私たちを訓練しましたが、私たちはその父たちを尊敬していました。それなら、なおのこと、私たちは霊の父に服従して生きるべきではないでしょうか。

肉の父はわずかの間、自分が良いと思うことにしたがって私たちを訓練しましたが、霊の父は私たちの益のために、私たちをご自分の聖さにあずからせようとして訓練されるのです。すべての訓練は、そのときは喜ばしいものではなく、かえって苦しく思われるものですが、後になると、これによって鍛えられた人々に、義という平安の実を結ばせます。(へブル12:5-11)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中