第一コリント11:26--イエス様がこの世界に戻るまで

この個所を読むと、聖餐式に関して、もう一つのことが私の心を打ちます。パウロはこう書きました。

ですから、あなたがたは、このパンを食べ、杯を飲むたびに、主が来られるまで主の死を告げ知らせるのです。(26)

「主が来られるまで。」

聖餐式をするとき、多くの人たちがその真理をあまり考えないと思います。でも、その真理を覚えているのは、とても大切なのです。イエス様は必ずこの世界に戻ります。だから聖餐式に参加するとき、イエス様が来るまで、自分がどのように生きているかを考えるべきです。

私たちは何をするべきでしょうか。パウロは私たちに教えます。「周りの人々にイエス様の死を告げ知らせなさい。」

パウロによれば、その一つの方法が聖餐式です。

でも、私たちは世界に出て、つまり、職場や、学校や、近所に行くとき、私たちは福音を宣べ伝えるべきです。イエス様が来るまで私たちはそうするべきです。

時々、私たちは毎日の生活にのめり込んで、イエス様が来られることを忘れてしまいます。また、私たちはこの世が永遠に続かないことを忘れてしまいます。

だから、聖餐式は、この世が一時的なものであることを思い出させます。私たちは自分の時間を賢く利用して、私たちの回りの人々に福音を宣べ伝えるべきことを思い出します。

あなたはどうですか。周りの人々にイエス様の死を告げ知らせているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中