コリント人への手紙9:16-23--ミニストリーに対する私たちの態度

ミニストリー、つまり奉仕をするとき、自分のことに焦点を当てるのは簡単なことです。

例えば、私たちはこう思い始めます。

「奉仕すると、私はどんな益を受けるでしょうか。私に対する尊敬はどこでしょうか。経済的な報いはどこでしょうか。」

でも、パウロの心の中で、説教に対する熱意を持っていました。彼はこう言いました。

私が福音を宣べ伝えても、私の誇りにはなりません。そうせずにはいられないのです。福音を宣べ伝えないなら、私はわざわいです。(16)

パウロの言葉を読むとき、私は預言者エレミヤの言葉を思い出します。

私が、「主のことばは宣べ伝えない。もう御名によっては語らない」と思っても、主のことばは私の心のうちで、骨の中に閉じ込められて、燃えさかる火のようになり、私は内にしまっておくのに耐えられません。もうできません。(エレミヤ書20:9)

だから、神様のメッセージを伝えるかどうかについて考えるとき、パウロはとエレミヤは経済的な報いや、ほかの人からの尊敬などを計算しませんでした。もしそのメッセージを伝えなかったら、彼らは惨めになったでしょう。

パウロはさらに説明しました。

私が自発的にそれをしているなら、報いがあります。自発的にするのでないとしても、それは私に務めとして委ねられているのです。(17)

パウロは何を言いたいと思ったでしょうか。パウロにとっては、喜びに満ちた心から、また、主と人に対する愛を持つ心から福音を伝えるのは、報いだということです。

18節で、パウロは、福音を宣べ伝えるときに無報酬で福音を提供するのは報いと言いました。どうして、パウロはそのように感じたでしょうか。もしかしたら、無報酬で福音を提供することによって、御国に入る人が増えましたから。

現代の人のように、ある人々はパウロの動機を疑ったでしょう。彼らは、パウロがお金だけが欲しかったと思いました。

でもパウロは彼らに言いました。「あなたからお金を求めていません。私は、あなたに与えたいものがあります。それは、神様の赦しと永遠のいのちです。」

さらに、人々はパウロを見るとき、彼らのものを取りたいと思う人を見ずに、彼らに仕えたいと思う人を見ました。彼らに仕えるため、パウロはいつも自分の権利を譲りました。そのゆえ、たくさんの人が御国に入って、パウロは喜びました。(19-23)

それだけではなく、パウロは、主も喜んでいることを知っていました。

でも、人を愛さなくても、福音を伝える気がなくても、パウロは福音を伝えなくてはいけませんでした。なぜなら、神様は彼にその責任を与えたから。そして、パウロがその仕事をしていなかったら、神様はパウロの責任を問うたでしょう。

タラントのたとえ話で、その原則を見ることができます。あるしもべは、主人を愛さずに、むしろ主人を恐れました。だから、主人が彼にお金を預けたとき、しもべはそのお金を投資せずに、埋めました。そして結局、主人はしもべの責任を問いました。(マタイ25:24-30)

エレミヤも、その責任を感じました。エレミヤ書20章では、私たちは、エレミヤの奉仕がいつも自発的なものではなかったと分かります。エレミヤは、神様が彼を正しく扱わないと文句を言ったし、彼がイスラエル人に迫害されることについて文句を言いました。(20:7-8)

それでも、エレミヤは神様のメッセージを伝え続けました。なぜなら、主のことばはエレミヤの心のうちで、骨の中に閉じ込められて、燃えさかる火のようになり、エレミヤは内にしまっておくのに耐えられませんでしたから。パウロのように、エレミヤはそのメッセージを伝えなくてはなりませんでした。そうしなかったら、彼はわざわいだったでしょう。

でも心から仕えることは優れたことです。「私はしなければならない」という態度ではなく、「私は仕えたい」という態度の方がいいです。そんな態度を持てば、私たちの人生はもっと幸せになります。また、ミニストリーはもっと楽しむことになります。しかし、中でも、主に会う時に、私たちは報いを受けます。

あなたはどうですか。どんな態度をもって、仕えるでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中