コリント人への手紙第一8-10章--御国のために権利を譲ること

聖書を読むときに、私たちはたまに文脈に注意しないので、その著者の意図を見逃してしまいます。

だからこの記事では、8ー10章をまとめて、話したいと思います。そして、ほかの記事で、8ー10章の個々をもっと詳しく見たいと思います。もちろん、個々の章で私たちは興味深いことを学ぶことが出来るけど、パウロの主旨を見逃したくないと思います。

8-10章では、パウロの主旨は何でしょうか。それは、「私たちの権利ではなく、神の御国は一番大切なものだ」ということです。だから、時々、神の御国のために私たちの権利を譲らなくてはなりません。

8章では、もう私たちは一つの例を見ました。パウロによれば、私たちは、偶像にささげた食べ物を食べる権利を持っています。でも、パウロはこう言いました。「もし私がそんな肉を食べることによって、私の兄弟が罪に落ちてしまうなら、私はその肉を食べません。さらに、彼が罪に落ちないように、私は今後いっさい肉を食べません。」(8:13)

そして、パウロはコリント人の異議を予測します。「でも、私は食べる権利を持っているよ。どうして私の権利を譲らなくてはならないでしょうか。」

パウロは12節で一つの理由を与えます。それは、私たちの行為によって、兄弟が罪に落ちるなら、私たちの行為が罪になることです。

でもそれだけではなく、パウロは自分の人生を例として指します。使徒としてパウロは、いろんな権利を持っていましたが、その権利を利用することを主張しませんでした。たとえば、パウロは、結婚して妻と一緒に宣教旅行に行く権利を持っていたけど、結婚さえもしませんでした。

また、パウロは福音を伝える仕事のため、お金をもらう権利を持っていたけど、お金を受けませんでした。実は、モーセの律法によれば、また、キリストの言葉によれば、私たちはそんな人にお金を払うべきです。でもパウロはそのお金を断りました。(9:1-14)

どうしてパウロはその権利を主張しなかったでしょうか。もしかしたら、パウロは貧しい者に福音を伝えていたからです。もしパウロが彼らのお金を受けていたら、彼らはもっと経済的に苦しんだでしょう。そしてパウロは、その貧しいものを利用するという言いがかりを避けたいと思ったかもしれません。

もう一つの可能性は、パウロは、福音を利用して、お金を儲けるという言いがかりを避けたいと思ったかもしれません。

そんな言いがかりは福音の普及を阻止したでしょう。

そして、パウロは福音のためのほかの犠牲について話しました。

モーセの律法の下にあるユダヤ人たちと一緒にいるとき、パウロはユダヤ人のようにふるまいました。例えば、モーセの律法に応じて、豚肉や貝を食べませんでした。

でも異邦人と一緒に食べるとき、パウロは何でも食べました。

しかし傷つきやすい良心のある人と一緒に食べるとき、偶像にささげた肉を食べませんでした。

多くのコリント人たちにとっては、パウロは注意し過ぎたでしょう。たぶん、彼らはパウロがその権利を譲るのは、やりすぎだと思ったでしょう。

でもパウロはその生き方をマラソンの訓練と例えました。マラソンを準備するために、時々ランナーは好きな食べ物をやめたり、好きなアクティビティをやめなくてはなりません。そうしないと、賞を受けないでしょう。そのように、もしキリストとその御国のためではなく、自分のために生きるなら、賞を受けることはないでしょう。

だから10章で、パウロはこう言いました。

「すべてのことが許されている」と言いますが、すべてのことが益になるわけではありません。「すべてのことが許されている」と言いますが、すべてのことが人を育てるとはかぎりません。だれでも、自分の利益を求めず、ほかの人の利益を求めなさい。(23-24)

また、

こういうわけで、あなたがたは、食べるにも飲むにも、何をするにも、すべて神の栄光を現すためにしなさい。ユダヤ人にも、ギリシア人にも、神の教会にも、つまずきを与えない者になりなさい。私も、人々が救われるために、自分の利益ではなく多くの人々の利益を求め、すべてのことですべての人を喜ばせようと努めているのです。(31-33)

だから、自分の権利について考えるとき、自分自身にこう訊かなくてはなりません。「私は何のために生きているだろうか。だれのために生きているだろうか。私のためだろうか。もしかしたら、神様とその御国のためだろうか。」

神様のために生きるなら、あなたは最終的に報いを受けます。でも自分のために生きているなら、あなたの業績はなくなって、神様からの報いを受けません。

あなたは何のために、また、だれのために生きているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中