コリント人への手紙第一8章ーー私たちの持っている知識をどのように扱うか

いろんな意味で、この個所はローマ書14書に似ています。だから、1ー3節を見て、その言葉がどのようにこの個所の残りにかかわるか話したいと思います。

パウロはこう言いました。

次に、偶像に献げた肉についてですが、「私たちはみな知識を持っている」ということは分かっています。しかし、知識は人を高ぶらせ、愛は人を育てます。自分は何かを知っていると思う人がいたら、その人は、知るべきほどのことをまだ知らないのです。しかし、だれかが神を愛するなら、その人は神に知られています。(1-3)

クリスチャンの兄弟たちが偶像にささげた食べ物を食べるときに、あるコリント人たちは気になったようです。彼らは、そんな食べ物を食べるのは罪だと思いました。そんな人に関して、パウロはこう書きました。

しかし、疑いを抱く人が食べるなら、罪ありとされます。なぜなら、それは信仰から出ていないからです。信仰から出ていないことは、みな罪です。(ローマ書14:23)

でも、ほかのコリント人の信者たちは、偶像にささげた肉を食べることが彼らの霊的な人生にかかわらないと分かりました。実は、イエス様は、すべての食べ物がきよいと教えました。(マルコ7:19)

でも、彼らの知識はプライドに至りました。だから傷つきやすい良心のある兄弟たちの前で、彼らは自分の自由をあえて利用して、偶像にささげたものを食べました。

彼らの行為によって、傷つきやすい良心のある兄弟たちは、自分の良心に反して、その肉を食べ始めました。でも、彼らの行為が信仰から出なかったので、彼らにとっては、その肉を食べるのは罪でした。

だからパウロはその知識のある兄弟たちに怒りました。なぜなら、彼らの行為によって、その兄弟たちは罪に落ちたから。だから、パウロは彼らに言いました。「もちろん、偶像は本当の神ではありません。私たちはそう知っています。だから偶像にささげた肉を食べてもいいのです。」

でもパウロはこうも言いました。

自分は何かを知っていると思う人がいたら、その人は、知るべきほどのことをまだ知らないのです。(2)

パウロは何を言おうとしているでしょうか。知識を持っているのは、足りないのです。どのようにその知識を扱うかを知らなくてはなりません。知識を扱い方を知らないと、あなたの知識は欠けているものです。

私たちは、どのように知識を用いるべきでしょうか。愛をもって、知識を扱うべきです。

パウロはコリント人たちにこう言いました。

知識は人を高ぶらせ、愛は人を育てます。(1)

知識を持つことは、プライドに至るかもしれません。「私は知っている。あなたは知らない。」

そのプライドによって、ある人は聖書についてずっと議論するけど、何も解決しません。

また、人はその知識とプライドによって、相手を見下し、裁いてしまいます。

おまけに、そのプライドによって、ある教会は引き裂かれてしまいます。

コリント人の教会で、そんな問題が出て来ました。だからパウロは彼らに言いました。

「あなたが知識を持っていることによって、神様は喜びません。あなたたちがどのようにその知識を扱うかによって、神様は喜びます。その知識によって人々を育てるでしょうか。もしくは、その知識によって、人々を取り壊すでしょうか。」

パウロはその話をこのようにまとめます。

しかし、だれかが神を愛するなら、その人は神に知られています。(3)

私たちはどのように人が神様を愛するかどうかわかるでしょうか。ヨハネは私たちに教えます。

神を愛する者は兄弟も愛すべきです。(第一ヨハネ4:21)

でも、コリント人たちはそうしていませんでした。彼らの知識によって、兄弟たちを育てずに、取り壊してしまいました。その結果は?

つまり、その弱い人は、あなたの知識によって滅びることになります。この兄弟のためにも、キリストは死んでくださったのです。(11)

だから、パウロは彼らに警告します。

あなたがたはこのように兄弟たちに対して罪を犯し、彼らの弱い良心を傷つけるとき、キリストに対して罪を犯しているのです。(12)

そして、パウロは彼らがどのように知識を扱うべきか教えます。

ですから、食物が私の兄弟をつまずかせるのなら、兄弟をつまずかせないために、私は今後、決して肉を食べません。(13)

あなたはどうですか。どのように自分の知識を扱っているでしょうか。自分自身を高ぶらせながら、兄弟たちと姉妹たちを取り壊すでしょうか。もしくは、彼らを育てるでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中