コリント人への手紙第一7章ーー結婚を後回しにした方がいい?すぐに結婚した方がいい?

いろんな理由で、日本でも、アメリカでも、多くの人々は結婚を二十代の後半、三十代になるまで後回しにしています。

ある意味、それは良いかもしれません。私の友達の間で、19歳か20歳になって結婚した人がいましたけど、私にしてみると、それは若すぎると思います。(でも、その友達はまだ結婚を継続していますから、彼らにとっては早く結婚するのは良いことでした。)

とにかく、私たち皆は違うので、ある人にとって早く結婚するのは良いことだし、ほかの人にとっては、待った方がいいこともあります。この個所では、パウロはそう教えます。

コリント人の教会で、ある婚約者たちは、結婚した方がいいか、待った方がいいか、結婚する予定をやめた方がいいかどうか、疑問に思ったようです。

結婚した方がいいか、結婚を後回しにした方がいいかについて考える人には、パウロは三つの考えるべきことを教えます。

一つ目は、結婚に対するあなたの態度です。つまり、あなたには本当に結婚にコミットメントがあるでしょうか。もしかしたら、もう逃げ道を探しているでしょうか。あなたはもうこのように考えているでしょうか。「もし私たちの結婚がうまくいかないなら、離婚すればいい。」

もし逃げ道のある結婚が欲しいなら、結婚しない方がいいです。どうしてでしょうか。イエス様は結婚が末永いものだと教えましたから。パウロはこう書きました。

すでに結婚した人たちに命じます。命じるのは私ではなく主です。妻は夫と別れてはいけません。もし別れたのなら、再婚せずにいるか、夫と和解するか、どちらかにしなさい。また、夫は妻と離婚してはいけません。(10-11)

それはマタイ19:3-12に書かれたイエス様の言葉に関してのパウロの応用です。イエス様の弟子たちでも、その教えを聞いたとき、驚きました。彼らは、「それなら、結婚しない方がいいです。」と言いました。

もしあなたがこの弟子の態度を持っているなら、結婚しない方がいいです。あなたの態度が変わるまで、結婚を後回しにするべきです。もしあなたの態度が変わらないなら、結婚しない方がいいです。

また、もう一つのことを考えるべきです。それはあなたの状況です。コリント人たちの「差し迫っている危機」のゆえに、パウロは彼らが結婚を後回しにするべきだと言いました。パウロは説明します。

(この大変な状況にいる)結婚する人たちは、身に苦難を招くでしょう。私はあなたがたを、そのような目にあわせたくないのです。(28)

コリント人たちがどんな危機に直面したか分からないけど、もしかしたら、迫害に直面したのかもしれません。

でもとにかく、パウロの大幅な原則は、あなたの状況によって、結婚を後回しにした方がいい時もあると教えています。

たとえば、あなたの経済状況はあまりよくないかもしれません。もしあなたが経済的な不安定があれば、結婚はつらくなるかもしれません。多くの結婚は、経済的な問題によって壊れてしまいます。

もう一つの問題はあなたの感情的な重荷、また、あなたの精神的な重荷です。もしかしたら、あなたは元彼に虐待されたかもしれません。もしかしたら、お父さんに虐待されてかもしれません。そんな問題はあなたの結婚に影響を与えるでしょう。だからあなたの感情的な問題や、精神的な問題を乗り越えるまで、結婚を後回しにした方がいいかもしれません。

でももう一つのことを考えるべきです。ただ性的な誘惑を避けるだけのために結婚するのはあまりよくないけど、やっぱりたくさんの人々はその誘惑と戦います。だからパウロはこう書きました。

結婚していない人とやもめに言います。私のようにしていられるなら、それが良いのです。しかし、自制することができないなら、結婚しなさい。欲情に燃えるより、結婚するほうがよいからです。(8-9)

つまり、あなたの彼や彼女に対する欲情が強すぎて、もう自制できないと思うなら、あなたの状況が理想的じゃなくても、結婚した方がいいということです。でもまだ自制出来るなら、あなたの大変な状況が良くなるまで、結婚を後回しにした方がいいです。

早すぎる結婚することはとても大変なことです。でも、もし結婚の逃げ道を捨てて、配偶者に対するコミットメントがあれば、神様の恵みによってあなたはどんな問題でも乗り越えることが出来ます。

だから結婚する前、最も大切な質問はこうです。「逃げ道を探せずに、結婚のコミットメントをもって、私自分自身を相手にささげるでしょうか。」

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中