コリント人への手紙第一7:10-16;39-40--結婚と離婚

7章では、パウロはいろんなトピックについて話すけど、前回の記事で、私は結婚について話したので、そのトッピクについて書き続けようと思います。

今日の個所では、パウロはイエス様の結婚の教えを新たに強調します。パウロはこう言いました。

すでに結婚した人たちに命じます。命じるのは私ではなく主です。妻は夫と別れてはいけません。もし別れたのなら、再婚せずにいるか、夫と和解するか、どちらかにしなさい。また、夫は妻と離婚してはいけません。(10-11)

パウロはパリサイ人に対するイエス様の言葉を参考しています。イエス様はこう言いました。

イエスは答えられた。「あなたがたは読んだことがないのですか。創造者ははじめの時から『男と女に彼らを創造され」ました。そして、「それゆえ、男は父と母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりは一体となるのである」と言われました。ですから、彼らはもはやふたりではなく一体なのです。そういうわけで、神が結び合わせたものを人が引き離してはなりません。」(マタイ19:4-6)

また、

イエスは彼らに言われた。「モーセは、あなたがたの心が頑ななので、あなたがたに妻を離縁することを許したのです。しかし、はじめの時からそうだったのではありません。あなたがたに言います。だれでも、淫らな行い以外の理由で自分の妻を離縁し、別の女を妻とする者は、姦淫を犯すことになるのです。」(8-9)

私は以前の記事でイエス様の言葉について話したので、この記事では話しません。でもパウロのポイントは、結婚が末永く続くものであるべきということです。だから私たちは、結婚をそのように考えるべきです。39節で、パウロはこう言います。

妻は、夫が生きている間は夫に縛られています。(39)

もちろん、夫も妻が生きている間は妻に縛られています。だから私たちはできるだけ、その結婚を守ろうと努めなくてはなりません。

でも時々、相手は私たちをどうしても離婚したいと思います。その場合、私たちはどうするべきでしょうか。パウロはこう言います。

そのほかの人々に言います。これを言うのは主ではなく私です。

信者である夫に信者でない妻がいて、その妻が一緒にいることを承知している場合は、離婚してはいけません。また、女の人に信者でない夫がいて、その夫が一緒にいることを承知している場合は、離婚してはいけません。

なぜなら、信者でない夫は妻によって聖なるものとされており、また、信者でない妻も信者である夫によって聖なるものとされているからです。そうでなかったら、あなたがたの子どもは汚れていることになりますが、実際には聖なるものです。

しかし、信者でないほうの者が離れて行くなら、離れて行かせなさい。そのような場合には、信者である夫あるいは妻は、縛られることはありません。神は、平和を得させようとして、あなたがたを召されたのです。

妻よ。あなたが夫を救えるかどうか、どうして分かりますか。また、夫よ。あなたが妻を救えるかどうか、どうして分かりますか。(12-16)

パウロの教えは分かりやすいと思うので、ちょっとだけ解説します。

最初に、パウロは「これを言うのは主ではなく私です。」と言ったとき、「ただ私の意見だから、気にいらないならその意見を無視してもいい」を意味したのではありません。

むしろ、パウロの言葉の意味は、イエス様が信者でない人は信者を離婚したいという場合について話したことがなかったということです。だからパウロはこう言いました。「イエス様はこのケースについて話していないので、イエス様が任命した使徒として私はどうすればいいか教えます。」

使徒として、パウロの言葉が権威をもっているので、その言葉に従わなくてはなりません。

だから、信者でない人がどうしてもあなたと離婚したいと思うなら、離婚してもいいです。神様はそれを許します。

でも、あなたの配偶者が信者でない人なら、必ず離婚しなくてはならないとは限りません。なぜなら、あなたのおかげで、神様の手はあなたの家族の上にありますから。神様はあなたを通して配偶者と子供たちに触れることが出来ます。

この個所では、「聖なるもの」とは、「救われる」を意味しません。むしろ、神様はその家族を見て、「これは私のものだ」と言って、自分の目的のためにその家族の中で働きます。

最後に、シングルに対するパウロの言葉に注意してください。つまり、結婚したいと思うなら、クリスチャンはクリスチャンと結婚しなくてはならないことです。39節で、パウロはこう言いました。

しかし、(女の人の)夫が死んだら、自分が願う人と結婚する自由があります。ただし、主にある結婚に限ります。(39)

もちろん、パウロは特に寡婦に話しているけど、その言葉はすべての独身に当てはめられます。主に属する人と結婚しなくてはいけません。

時々、クリスチャンはこう考えます。「その人と結婚した後、その人は救われるかもしれません。」

でもちょっと考えてみてください。パウロが言ったのは、信者でない人が離婚したいと思うなら、その人を離れて行かせなさいということです。なぜでしょうか。

妻よ。あなたが夫を救えるかどうか、どうして分かりますか。また、夫よ。あなたが妻を救えるかどうか、どうして分かりますか。(16)

その答えは何でしょうか。その人が未来に救われるかどうかわかりません。そのことに関して神様からの約束はありません。多くのクリスチャンはノン・クリスチャンと結婚して、後ですごく悩んでしまいます。クリスチャンと結婚しても、結婚は難しいのです。でも、夫婦の基本的な信じることが違ったら、結婚はさらに大変になります。だからそもそもそんな関係を避けた方が良いのだと思います。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中