コリント人への手紙3:1-4--幼子

2章では、パウロは「成熟したクリスチャンたち」や「御霊を受けている人」について話します。この場合、「御霊を受けている人」は「霊的な人」というニュアンスがあります。つまり、聖霊様を受けているだけではなく、その人は聖霊様の導きに従うことです。

でもパウロは、コリント人たちを「成熟したクリスチャン」や「聖霊様の導きに従ているクリスチャン」と呼ぶことが出来ませんでした。むしろ、パウロはこう言いました。

兄弟たち。私はあなたがたに、御霊に属する人に対するようには語ることができずに、肉に属する人、キリストにある幼子に対するように語りました。私は、あなたがたには乳を飲ませ、固い食物を与えませんでした。あなたがたには、まだ無理だったからです。実は、今でもまだ無理なのです。あなたがたは、まだ肉の人だからです。あなたがたの間にはねたみや争いがあるのですから、あなたがたは肉の人であり、ただの人として歩んでいることにならないでしょうか。ある人は「私はパウロにつく」と言い、別の人は「私はアポロに」と言っているのであれば、あなたがたは、ただの人ではありませんか。(1-4)

それはとても厳しい言葉です。でも、パウロはあなたを見れば、何を言うでしょうか。もしイエス様はあなたを見れば、何を言うでしょうか。

私の言葉を誤解しないでください。もしあなたは最近クリスチャンになったばかりのなら、私はあなたについて話していません。もちろん、あなたが赤ちゃんのクリスチャンだから、いろんな成長しなくてはならないところがあるでしょう。でも、赤ちゃんが決して成長しないなら、何か深刻な問題があります。

もし私の10歳の娘がまだ哺乳瓶からミルクを飲んでいるなら、それはおかしいでしょう。赤ちゃんの時にそれは可愛いけど、10歳の子にはふさわしくありません。もし、彼女が歩かずに、まだはいはいしているなら、それはおかしいでしょう。もし、彼女がまだ赤ちゃん言葉だけを言うなら、それはおかしいでしょう。

でも、多くのクリスチャンたちはまだ幼子です。彼らは全然成長しませんから。

つまり、彼らはまだ「肉に属する人」ということです。そんな人はまだノン・クリスチャンのように生き続けます。コリント人たちの場合、彼らの心はねたみに満ちて、いつもケンカしていました。彼らはプライドをもって、彼らのリーダーたちを比べて、ほかのクリスチャンたちを見下しました。だから、彼らの教会は引き裂かれていました。

現代でも、どれだけ教会が同じ理由で引き裂かれているでしょうか。どれだけ、その問題のせいで、多くの人々は教会をやめるでしょうか。それは未成熟の兆候です。

もしあなたの心はそんなものに満ちているなら、どのように成長することが出来るでしょうか。あなたは根本的なことに戻らなくてはなりません。つまり、あなたは福音のミルクをもう一度飲まなくてはなりません。そのミルクは何ですか。そのミルクに何の真理が入っているでしょうか。

それは、神様はあなたを愛していることです。あなたの身分のためではなく、あなたの行いのためではなく、神様の性格のため、神様はあなたを愛しています。あなたの罪のために死ぬようにイエス様をこの世に送ったほどに、神様はあなたを愛していました。

どいうして私たちはプライドを持っているでしょうか。どうして自分自身をほかの人と比べるでしょうか。どうして、私たちは相手をねたんで、喧嘩するでしょうか。なぜなら、その神様があなたを愛しているという真理をまだ実感しないから。

もし私たちは神様の愛を本当に知っているなら、ほかの人の私たちに対する意見を気にしません。

相手をねたまないし、自分自身を相手と比べません。なぜなら、神様が私たちをありのままで受け入れるから。

さらに、私たちはプライドを捨てます。なぜなら、私たちが自慢することがないと分かるから。私たちが持っているもののすべては、神様から来ました。もし、私たちがその祝福のために働かずに、むしろ、私たちがただでその祝福をもらったら、自慢する余裕がありません。

あなたはどうですか。その真理が身に染みたでしょうか。

私たちがこの世界の考え方に従わないように。私たちが幼子にならないように。むしろその真理を飲み込みましょう。そうすれば、私たちは成長して、神様が望んむ通りになります。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中