コリント人への手紙2:6-16--神様の思いを知ること

目に見えない神が自分自身を私たちに現わさないなら、私たちはその神について何も知らないでしょう。さらに、その神が自分自身を私たちに現しても、私たちに理解できる心を与えてくださらないなら、私たちにはその啓示が分からないでしょう。

それは救いと恵みの不思議さの一つです。私たちに神様が見えないけど、神様は自分自身を現してくださいました。そして、私たちが自分の知恵で神様が何を現したか把握できなかったけど、神様は聖霊様を通して私たちにその理解を与えてくださいました。

この個所で、私たちはその真理を見ることが出来ます。

パウロはこう訊きました。

人間のことは、その人のうちにある人間の霊のほかに、いったいだれが知っているでしょう。同じように、神のことは、神の霊のほかにはだれも知りません。(11)

結婚する前、私は婚約者にこう言いました。「私はあなたの思いを読み取ることが出来ません。だから、気になっていることがあれば、私に教えてください。」

人々の思いを読み取るのはとても難しいことです。彼らはいったい何を思っているでしょうか。何を感じているでしょうか。何を計画しているでしょうか。

もし私たちに見える人々の思いを読み取れないなら、どうやって、目に見えない神の思いを読み取ることが出来るでしょうか。

自分の知恵によって、人々は神様とその計画が理解できないでしょう。7ー8節で、パウロは一つの例を与えます。それは、神様の救いの計画です。神様はもともと何をするか分かったけど、人々はその計画を完全に理解できませんでした。

神様はユダヤ人たちに儀式や預言者の言葉を通して、救いの描写を与えてくださいました。でも、彼らはその描写を把握することが出来ませんでした。だからパウロはこう言いました。

この知恵を、この世の支配者たちは、だれ一人知りませんでした。もし知っていたら、栄光の主を十字架につけはしなかったでしょう。(8)

大祭司であったカヤパでも、その計画を把握することが出来ませんでした。皮肉なことだけど、カヤパは自分の言葉の意義を把握することが出来ませんでした。彼はイエス様についてこう言いました。

一人の人が民に代わって死んで、国民全体が滅びないですむほうが、自分たちにとって得策だということを、考えてもいない。(ヨハネの福音書11:50)

ヨハネは後でカヤパの言葉を解説しました。

このことは、彼が自分から言ったのではなかった。彼はその年の大祭司であったので、イエスが国民のために死のうとしておられること、また、ただ国民のためだけでなく、散らされている神の子らを一つに集めるためにも死のうとしておられることを、預言したのである。ヨハネの福音書11:51-52)

神様がカヤパを通して預言するのは、とても不思議なことです。でも、パウロの言葉は完全にカヤパを描写します。

生まれながらの人間は、神の御霊に属することを受け入れません。それらはその人には愚かなことであり、理解することができないのです。御霊に属することは御霊によって判断するものだからです。(14)

カヤパは大祭司だったけど、誰かがイエス様が人々の罪のために死ななくてはならないと伝えていたら、カヤパは、その人が頭がおかしいと思ったでしょう。どうしてでしょうか。なぜなら、聖霊様はカヤパのうちに住んでおられなかったからです。

でも、聖霊様は私たちのうちに住んでおられます。だからパウロはこう言いました。

しかし、このことは、「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、人の心に思い浮かんだことがないものを、神は、神を愛する者たちに備えてくださった」と書いてあるとおりでした。それを、神は私たちに御霊によって啓示してくださいました。御霊はすべてのことを、神の深みさえも探られるからです。(9-10)

また、

しかし私たちは、この世の霊を受けたのではなく、神からの霊を受けました。それで私たちは、神が私たちに恵みとして与えてくださったものを知るのです。(12)

また、

「だれが主の心を知り、主に助言するというのですか。」しかし、私たちはキリストの心を持っています。(16)

私たちはすべてのことが分かるでしょうか。もちろんそうではありません。私たちがはっきり見えないことがまだいっぱいあります。神様は私たちの救いをよく現したけど、救いも神秘的なものです。でも神様に近づいて、霊的に成長するにつれて、神様は霊的な真理を教え、さらにいろんなことを現してくださいます。(13)

だからこう祈りましょう。「聖霊様、私があなたを知るように、また、あなたが何を整えてくださったことを知るように、私の心の目と耳を開いてください。」

そのように祈れば、聖霊様は必ず自分自身を現してくださいます。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中