コリント人への手紙第一1:18-25--人間の哲学と知恵の空しさ

18節を読んだとき、パウロの言葉は私の心を打ちました。

十字架のことばは、滅びる者たちには愚かであっても、救われる私たちには神の力です。(18)

私が子供のころからクリスチャンだったから、十字架の言葉(つまり、十字架のメッセージ)は私にとって当たり前のものでした。私はそのメッセージを教えられたので、それを信じました。

でも、もし誰かが、「あなたの救いは電気椅子のメッセージによります」と言ったら、また、「あなたの救いは絞縄のメッセージによります」と言ったら、私はその人の頭がおかしいと思うでしょう。

そのように、ユダヤ人たちやギリシア人たちはパウロのメッセージを聞いたとき、パウロの頭がおかしいと思いました。

パウロはこう言いました。

ユダヤ人はしるしを要求し、ギリシア人は知恵を追求します。しかし、私たちは十字架につけられたキリストを述べ伝えます。ユダヤ人にとってはつまずき、異邦人にとってはおろかなことです。。。(22-23)

神様がいろんな奇跡を通してイスラエル人たちをエジプトから救い出したように、ユダヤ人たちは神様が力を振るって、彼らをもう一度救い出すように期待しました。神様がモーセを通していろんなしるしを行って、エジプト人の軍隊を滅ぼしたので、ユダヤ人は、メシアが同じようなしるしを行って、ローマ帝国を滅ぼすように期待しました。

でもパウロが宣べ伝えた救いのメッセージは、ローマの十字架に死なれたメシアというメッセージでした。ローマ人たちはそのメシアを打ち、十字架につけて殺しました。だから多くのユダヤ人たちは、イエス様がメシアであることを受け入れられませんでした。

その反面、ギリシア人たちは哲学に感動しました。だから、イエス様の教えが彼らの考え方をチャレンジすることが出来たら、彼らには興味がありました。でもパウロはアテネでイエス様について話した時、イエス様の教えではなく、イエス様の死と復活について話しました。だから、彼らはパウロの言葉をすぐに捨ててしまいました。「このパウロは、頭がおかしいなあ」と思いました。(使徒の働き17:31-32)

自分の考え方と知恵にしがみつきながら、神様の知恵を求めることは大問題です。そうすれば、神様が私たちの期待に合うことを要求します。神様の言葉と行為が私たちの知恵と論理に合うことを要求します。そして、神様の知恵と行為が私たちの知恵や考え方に合わないと、神様の言葉と行為を愚かと見なして、捨ててしまいます。

でもパウロはこう言います。

神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからです。(25)

私は神様の行為とその理由が分からないときもあると気軽に認めます。例えば、どうしてイエス様の十字架の働きは私たちの罪の代価を払うことが出来るでしょうか。具体的な説明が欲しいです。どうして、一人の行為はすべてのクリスチャンの罪を覆うことが出来るでしょうか。私は分かりません。私はいろんな説明や、描写を聞いたので、ある程度までは、その理由が分かります。でもそれと同時に、どうしてある人々がその教えが愚かだと思い、信じないかも分かります。

でも神様は、私たちが愚かであると思うものが実際には賢明であることを証明します。私たちが神様の弱さを見つけたと思う時、神様はその弱さが実際に力であることを証明します。

そして最終的に、神様は「知恵ある者の知恵を滅ぼし、悟りあるものの悟りを消し去る。」(19)

だから、パウロは訊きます。

知恵ある者はどこにいるのですか。学者はどこにいるのですか。この世の論客はどこにいるのですか。神は、この世の知恵を愚かなものにされたではありませんか。神の知恵により、この世は自分の知恵によって神を知ることがありませんでした。それゆえ神は、宣教の言葉の愚かさを通して、信じる者を救うことにされたのです。(20-21)

私たちは自分の知恵や、自分の条件によって神様を見つけることが出来ません。私たちの考え方は小さすぎますから。もし神様を見つけたいと思うなら、私たちは神様とその知恵に従わなくてはなりません。最初のステップは、イエス様を主として認めることです。なぜなら、十字架につけられたイエス様は私たちにとって、神様の力と知恵ですから。(24)

イエス様は、私たちを救う神様の力です。そして、イエス様は、人間になった神様の知恵です。そしてイエス様の知恵は人間の知恵より優れたものです。

これから、イエス様に従いませんか。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: コリント人への手紙第一, パウロの書簡, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中