ローマ人への手紙14章ー兄弟たちと姉妹たちを裁くこと

教会の中で、大きな問題の一つは、兄弟たちと姉妹たちが互いに裁き合うことです。

でも、誤解しないでください。私は白黒のことについて話していません。クリスチャンたちがあえて罪を犯すとき、パウロはためらず人を裁きました。コリント人への手紙第一5章では、私たちは一つの例を見ます。

でも、ある問題については、聖書の著者たちは何も書いていません。また、彼らが個々のクリスチャンに任せることもあります。

今日の個所では、パウロは個々のクリスチャンに任せる問題の一つについて話します。

パウロの時代では、クリスチャンたちは肉を食べることについて議論しました。なぜなら、ローマ帝国では、多くの肉が人々に売られる前に、偶像に捧げられた場合が多かったからです。

ほかのクリスチャンたちは、宗教的な祝日について議論しました。特に、ユダヤ人ではないクリスチャンたちがユダヤ教の祝日を祝うべきかどうか議論しました。異邦人のクリスチャンたちが安息日を祝うべきかどうかという議論もありました。

パウロにとっては、その議論は白黒をつけるものではありませんでした。だからパウロは彼らに、そんなことに関して裁いてはいけないと言いました。(1)

パウロによれば、彼らはそのことについて自分の良心に従うべきでした。だからユダヤ人たちは、ユダヤ教の祝日や、安息日を祝うべきだと思ったら、そうするべきです。なぜなら、彼らにとっては、急にその祝日や安息日を祝うのをやめることは、神様を侮ることですから。

でも、異邦人たちはそのユダヤ教の祝日は彼らに関係ない、と思いました。

その議論に関して、パウロはユダヤ人のクリスチャンたちも、異邦人のクリスチャンたちも責めませんでした。むしろ、パウロはこう言いました。

ある日を別の日よりも大事だと考える人もいれば、どの日も大事だと考える人もいます。それぞれ自分の心の中で確信を持ちなさい。特定の日を尊ぶ人は、主のために尊んでいます。食べる人は、主のために食べています。神に感謝しているからです。食べない人も主のために食べないのであって、神に感謝しているのです。(5-6)

つまり、あなたの信仰のゆえ、ユダヤ教の祝日が大事だと思うなら、祝うべきだということです。神様はあなたの心を見て、喜びます。でも、あなたがすべての日が同じだと思っても、かまいません。

偶像に捧げた肉に関して心配する人々に、パウロはこう言いました。

私は主イエスにあって知り、また確信しています。それ自体で汚れているものは何一つありません。ただ、何かが汚れていると考える人には、それは汚れたものなのです。(14)

つまり、「私の意見は、偶像に捧げられた肉をたべてもいいということです。でもあなたがそのことを本当に気にするなら、食べないでください。」

でも、パウロはこんなことも言いました。

食べる人は食べない人を見下してはいけないし、食べない人も食べる人をさばいてはいけません。神がその人を受け入れてくださったのです。他人のしもべをさばくあなたは何者ですか。しもべが立つか倒れるか、それは主人次第です。しかし、しもべは立ちます。主は、彼を立たせることがおできになるからです。(3-4)

また、

自分の兄弟を見下すのですか。私たちはみな、神のさばきの座に立つことになるのです。次のように書かれています。「わたしは生きている──主のことば──。すべての膝は、わたしに向かってかがめられ、すべての舌は、神に告白する。」

ですから、私たちはそれぞれ自分について、神に申し開きをすることになります。こういうわけで、私たちはもう互いにさばき合わないようにしましょう。いや、むしろ、兄弟に対して妨げになるもの、つまずきになるものを置くことはしないと決心しなさい。(10-13)

私はパウロの言葉には、付け加える必要がないと思います。パウロの言葉でけっこうはっきりすると思いますから。パウロの要点は、神様が私たちの主であることです。私たち皆が神様の裁きの座に立たなくてはなりません。だから白黒つけられないことに関して、私たちは互いに裁き合ってはいけません。私たちはその裁きを神様にゆだねるべきです。

私は十代の時、ほかのクリスチャンの高校生たちと働いて、バイブル・クラブで子供たちに教えました。その前に私たちは合宿があって、どのようにそのクラブをするか教えられました。

休憩の時、ある人はトランプをしました。もちろん、彼らはギャンブルしなかったけど、一人の人は本当に気になりました。なぜなら、ご両親は彼女にトランプをするのはダメだと教えたから。

ほかのクリスチャンはそれを聞いて、「それはバカな話。それは律法主義的な考え方だ。」

でも、もう一人のクリスチャンはこう答えました。「いや、私たちは彼女の良心を重んじるべきです。」

だからその合宿で、私たち皆はトランプをやめました。

私たちは彼女を裁きませんでした。また、彼女は自分の意見を言ったけど、私たちを裁きませんでした。だから私たちは平和を守って、神様のために素晴らしい伝道の働きをすることができました。

それがパウロのポイントです。私たちが完全に同意できない時もあります。でも、白黒はっきりできないことに関して、互いに受け入れ合いましょう。そうすれば、キリストのために、この世に大きい影響を与えることができます。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙 タグ: , , パーマリンク

ローマ人への手紙14章ー兄弟たちと姉妹たちを裁くこと への1件のフィードバック

  1. ピンバック: コリント人への手紙第一8章ーー私たちの持っている知識をどのように扱うか | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中