ローマ人への手紙13:11-14--イエス様の戻る日を待ち望むこと

イエス様が天国に戻ったとき、使徒たちは天を見つめていました。その時、天使が現れて、こう言いました。

ガリラヤの人たち、どうして天を見上げて立っているのですか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行くのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになります。(使徒の働き1:11)

彼らはそれを聞いて、喜びとともにエルサレムに帰って、いつも宮にいて神様を礼拝しました。(ルカ24:52-53)

さらに、彼らは聖霊様を待ちました。(使徒の働き2章)

聖霊様が来ると、彼らはこの世界を完全に変えていき始めました。

何年か後、パウロはその出来事を覚えていて、こう言いました。

さらにあなたがたは、今がどのような時であるか知っています。あなたがたが眠りからさめるべき時刻が、もう来ているのです。私たちが信じたときよりも、今は救いがもっと私たちに近づいているのですから。夜は深まり、昼は近づいて来ました。ですから私たちは、闇のわざを脱ぎ捨て、光の武具を身に着けようではありませんか。(11-12)

要するに、イエス様はすぐにこの世に戻るので、私たちは目を覚ましていて、用意するべきです。

夜は深まり、昼は近づいて来ました。(12a)

言い換えれば、サタンの支配がもうすぐ終わって、イエス様の帰る日はもうすぐに来ます。

そしてパウロは夜と昼の比喩をさらに利用します。

ですから私たちは、闇のわざを脱ぎ捨て、光の武具を身に着けようではありませんか。(12b)

つまり、私たちはサタンの国に関係する行為を捨て、イエス様の国に関係する行為をするべきだということです。

「闇のわざ」というのは何でしょうか。13節でパウロは説明します。

遊興や泥酔、淫乱や好色、争いやねたみの生活ではなく、昼らしい、品位のある生き方をしようではありませんか。(13)

多くの人々は悪い行為を行うとき、夜を待ちます。でもパウロが言ったのは、私たちは光の中で歩むべきだということです。私たちは、世の民が私たちを見ているかようにふるまうべきです。それよりも、神様が私たちを見ているかのように私たちはふるまうべきです。なぜなら、神様は本当にあなたの行動をすべて見るから。

でも、もう一つのことに気づいてください。サタンの時間が過ぎ去り、十字架のために彼はもう負けたというのに、サタンは戦い続けます。

だから、私たちはその戦いのために用意して、光の武具を身に着けるべきです。私たちの足には平和の福音の備えをはきましょう。また、私たちには、信仰の盾や救いのかぶとや御霊の剣が必要です。(エペソ人への手紙6:14-17)

パウロはこの話をこのようにまとめます。

主イエス・キリストを着なさい。欲望を満たそうと、肉に心を用いてはいけません。(14)

私たちはイエス様を着るべきです。毎日、私たちはイエス様の力と性格を身に着けるべきです。そうすれば、私たちは罪に落ちないでしょう。

私たちはイエス様がもうすぐ帰ることを知っているので、イエス様の12人の弟子たちのように、毎日喜びを持って、聖霊様に満ちてイエス様のためにこの世に影響を与えましょう。そのように、イエス様の戻る日を待ち望みましょう。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中