ローマ人への手紙12:2--神様の思いを知ること

新改訳では、2節はこのように翻訳されています。

この世と調子を合わせてはいけません。(2)

でも、私はある英語の翻訳も好きです。

この時代と調子を合わせてはいけません。

私たちはよく、「この時代」について話します。また、「時代の変化」について話します。

もちろん、この世界は変わりつつあります。私は1995年に日本に引っ越しました。その時、インターネットや、メールは新しいものでした。だから、アメリカにいる家族と連絡したいと思ったとき、航空便を送ったり、固定電話で電話したりしました。時々、公衆電話とテレフォンカードを使いました。(多分若い人は私が言っているかさっぱりわからないでしょう。)

でも、テクノロジーのほかに、人々の考え方も変化しました。特に道徳観念が変わりました。今なお、何の行為が恥ずかしいか、また何の行為が悪いか、という考え方は変わりつつあります。

さらに、日本では私はわからないけど、欧米各国では、人々は「寛容の時代」に生きています。

私の言葉を誤解しないでください。もちろん寛容自体は良いことです。「寛容」をちゃんと定義すると、その意味は、「私はあなたの意見に同意できないけど、私はあなたをまだ尊敬します」ということです。そして、人々はその寛容を持って一緒に働けるし、相手を丁寧に扱い合うし、友好的な関係ができます。

でもこの時代では、寛容には違う意味があります。それは、「すべての意見が正しい」ということです。だから、もし二人が同意できないなら、一人の意見が正しくて、相手の意見が間違っていると言えません。その二人の意見が反対しても、両方の意見は正しいのです。だから、あなたが「あなたの意見が間違っている」と言うと、あなたは悪い人になってしまいます。なぜなら、あなたは偏狭な人だから。

でも最近、特に欧米各国では、クリスチャンの意見を考えると、多くの人々は寛容の態度を捨ててしまいます。だから、彼らはクリスチャンたちに「あなたは間違っている。あなたの考え方を変えなくてはならない」と言います。

でも、私たちが神様の思いを本当に知りたいと思うなら、私たちはこの時代の人々の考え方と調子を合わせてはいけません。なぜなら、人々の考え方は変わりつつあるけど、神様の考え方は決して変わらないから。

でもこの世と調子を合わせるプレッシャーが、至るところから来ます。社会から来るし、家族から来るし、友達から来ます。どこに行っても、私たちはそのプレッシャーを感じます。

特に、日本では、「和」というコンセプトはとても大切です。だから私たちはその和を保つプレッシャーを感じます。

もちろん、私たちはできるだけ平和を守った方がいいです。パウロはこう言いました。

自分に関することについては、できる限り、すべての人と平和を保ちなさい。(ローマ書12:18)

でも、私たちが神様の御言葉に逆らうプレッシャーを感じるときもあります。その時、私たちはこの世と調子を合わせてはいけません。なぜなら、それは滅びに至る道ですから。そして私たちは神様を傷つけるし、人々を傷つけるし、私たち自身も傷つけてしまいます。

だから、この世と調子を合わせずに、パウロの言葉に従いましょう。

むしろ、心を新たにすることで、自分を変えていただきなさい。(2b)

どのように私たちは心を新たにすることができるでしょうか。神様の言葉によってできます。私たちは聖書を読んだり、噛み締めたり、聖霊の力によって、その言葉に従ったりします。そうすれば、私たちは本当の命を知ります。

なぜなら、私たちの思いだけではなく、私たちの人生も変わるから。私たちは神様の計画通りに生き始めます。私たちの結婚はうまくいきます。苦難の時でも、私は平和を知ります。死の影の谷にいても、私たちは喜びを知ります。

簡単に言うと、私たちは神様も御心を知ります。そして、私たちは何が良いことで、神に喜ばれ、完全であるのかを見分けることができます。

あなたはどうですか。あなたの思いはをこの世と調子を合わせているでしょうか。もしくは、あなたの思いは神様の御言葉によって変わりつつあるでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中