ローマ人への手紙11:1-32--プライドの余裕がない

ほとんどのクリスチャンたちは、もう反ユダヤ主義的な態度を持たないけど、過去にはそんなクリスチャンもいました。私には決してそんな態度が理解できませんでした。なぜなら、今日の聖書の個所では、パウロはそんな考え方を潰したから。

たぶん、反ユダヤ主義的な態度の根元はプライドでしょう。この個所では、パウロは私たちのプライドの理由をも潰します。

実は、イスラエル人に関して文句を言ったとき、預言者エリヤもそんなプライドを持っていました。エリヤはこう言いました。

私は万軍の神、主に熱心に仕えました。しかし、イスラエル子らはあなたとの契約を捨て、あなたの祭壇を壊し、あなたの預言者たちを剣で殺しました。ただ私だけが残りましたが、彼らは私のいのちを取ろうと狙っています。(列王記第一19:10)

要するに、「神様は私を見てください。私はあなたのために熱心を持っているよ。私の行為を見てください。でもほかのイスラエル人たちはもうダメなんです。」ということです。

でも、神様はエリヤにこう言いました。

わたしはイスラエルの中に七千人を残している。これらの者はみな、バアルに膝をかがめず、バアルに口づけしなかった者たちである。(列王記19:18)

だからパウロはこう言いました。「エリヤの時代と同じように、この時代にも、ユダヤ人の間に、神様に忠実だし、メシアイエス様に仕える残された信じる者たちがいます。そして私たちのように、そのユダヤ人たちも恵みによって選ばれました。」(ローマ書11:5)

そして、パウロは私たちを思い出させます。

恵みによるのであれば、もはや行いによるのではありません。そうでなければ、恵みが恵みでなくなります。(6)

エリヤのように、多くのクリスチャンは、自分の行為によって救われると思っています。つまり、頭の中で、彼らが恵みによって救われたとわかっているかもしれないけど、心の中で、自分がほかの人よりも優れた者だから救われたと思うことです。でもパウロによれば、そんな考え方は間違っています。救いは恵みに値しない人に与えられるものです。

エリヤは神様の恵みに値しなかったけど、その恵みを受けました。イゼベルがエリヤを脅かしたとき、エリヤは、神様に怒ったり、苦々しい思いを持ったりして、結局落ち込んでしまいました。それでも、神様は手を伸ばして、エリヤを励まして、強めてくださいました。

私たちも神様の恵みに値しません。でも神様は手を伸ばして、私たちを救ってくださいました。だから、私たちはユダヤ人たちを見下すことができません。私たち皆は恵みによって救われたから。

そしてパウロはユダヤ人たちを折られたオリーブの木の枝と比べて、私たちを接ぎ木された枝と比べました。

でも、パウロはこう言います。

あなたはその枝に対して誇ってはいけません。たとえ誇るとしても、あなたが根を支えているのではなく、根があなたを支えているのです。すると、あなたは「枝が折られたのは、私が接ぎ木されるためだった」と言うでしょう。そのとおりです。彼らは不信仰によって折られましたが、あなたは信仰によって立っています。思い上がることなく、むしろ恐れなさい。もし神が本来の枝を惜しまなかったとすれば、あなたをも惜しまれないでしょう。ですから見なさい、神のいつくしみと厳しさを。倒れた者の上にあるのは厳しさですが、あなたの上にあるのは神のいつくしみです。ただし、あなたがそのいつくしみの中にとどまっていればであって、そうでなければ、あなたも切り取られます。(18-22)

もう一度、パウロのポイントは、私たち皆が恵みによって救われたことを述べています。私たちの行為によって救われたわけではなく、イエス様の十字架の御業によって、私たちは救われました。私たちがしたのは、その御業を信じたことだけです。だから私たちには、プライドの余裕がありません。

だから、イエス様を信じないユダヤ人たちを批判する人は、自分自身を注意した方がいいです。彼らは自分自身にこう訊くべきです。「私は信仰と恵みによって立っているだろうか。もしくは私は自分の行為に頼っているのだろうか。自分の行為によって立つなら、私は破滅への道に行っています。でも、恵みによって立つなら、私にはプライドの余裕が全然ない。」

あなたはユダヤ人たちを見下さないかもしれないけど、ほかの人々を見下すでしょうか。あなたが彼らよりも優れた人だと思うでしょうか。そんな考え方は間違っています。あなたがほかの人よりも優れた者なら、恵みは恵みでなくなります。むしろ、あなたは自分の救いに値するでしょう。

だから謙遜な態度を持って、神様に感謝してください。神様の国では、私たちにはプライドの余裕がないからです。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中