ローマ人への手紙10:16-11:10-信じることを拒否すること

以前の記事では、私は救いの逆説について話しました。つまり、救いの道は簡単だけど、それと同時に難しいのです。もし、ただ神様を信じて、また、イエス様の十字架の働きを信じれば、私たちは救われます。でも多くの人々はそうしません。ユダヤ人たちは一つの例です。パウロはこう言いました。

しかし、すべての人が福音に従ったのではありません。「主よ。私たちが聞いたことを、だれが信じたか」とイザヤは言っています。(16)

でも、それはただのユダヤ人の問題ではありません。この世の多くの人々は同じ問題を持っています。今なお、パウロの言葉は世の人々に当てはめることができます。「主よ。私たちが聞いたことを、だれが信じたか?」

そして、パウロはこう言います。

ですから、信仰は聞くことから始まります。聞くことは、キリストについてのことばを通して実現するのです。(17)

要するに、人々が救われるのに、二つのことが必要です。人々は福音を聞かなくてはならないし、そのメッセージを信じなくてはならないのです。

でも、どうしてユダヤ人や、ほかの人々は信じないのでしょうか。イエス様は彼らに語っていないのですか。または、彼らは聞いていないのですか。そういうわけではありません。パウロはこう書きました。

では、私は尋ねます。彼らは聞かなかったのでしょうか。いいえ、むしろ、「その響きは全地に、そのことばは、世界の果てまで届いた」のです。(18)

パウロは詩篇19:14を引用しました。その詩篇では、詩人は、「天は神の栄光を語り告げる」と歌います。パウロはその詩篇を福音に当てはめます。つまり、福音は世界の果てまで届いたということです。

そしてパウロは訊きます。

では、私は尋ねます。イスラエルは知らなかったのでしょうか。(19)

彼らは知っているはずでしたが、結局神様の言葉が分からなかったようです。

そして、パウロは救いの皮肉について話します。神様は自分自身を先にユダヤ人たちに現れたけど、彼らは神様に背を向けました。だから、神様は異邦人たちのところに行って、異邦人たちは信じました。

だからパウロはイザヤの言葉を引用します。

わたしを探さなかった者たちにわたしは見出され、わたしを尋ねなかった者たちに自分を現した。(20)

その個所では、神様は異邦人たちについて話しました。異邦人たちが自分の道を行って、神様を全然求めていなかったのに、神様は自分自身を彼らに現しました。その結果、異邦人たちは神様を信じるようになったのです。

でも、ある意味では、この個所をユダヤ人たちにも当てはめることができます。彼らも神様を求めていませんでした。彼らはエジプトの奴隷の時に、偶像を礼拝していました。(ヨシュア24:14)。

それでも、神様は自分自身を彼らに現しました。でも、彼らの反応は何でしたか。

神様は彼らに関して、こう言いました。

わたしは終日、手を差し伸べ た。不従順で反抗する民に対して。(21)

どうして彼らは信じなかったのでしょうか。彼らはいろんな奇跡を見ました。神様はいろんな災害をエジプトに送ったし、紅海を分けたし、砂漠でマナを与えてくださいました。ユダヤ人たちには、信じる理由がたくさんありました。

そしてイエス様は来ました。イエス様もいろんな奇跡を行ったし、悪霊を追い出したし、優れた知恵を教えたけど、彼らはイエス様を拒絶しました。どうしてでしょうか。

ほかの者たち(つまり、神様を信じないユダヤ人たち)は頑なにされたのです。「神は今日に至るまで、彼らに鈍い心と見ない目と聞かない耳を与えられた」と書いてあるとおりです。(11:7-8)

パウロはイザヤ書29章を引用しました。私はその個所をここでもっと説明するけど、その旨は、ユダヤ人たちが先に自分の目を閉じたことです。だから、神様は彼らにこう言いました。「あなたは見たくないのですか。では、あなたは霊的な盲人になれ。」

ユダヤ人たちは何百年神様の御業を見たし、み言葉を聞いたけど、どうしても信じませんでした。だから、神様は彼らに自分の不信に引き渡しました。

福音を聞く人は、その危険性に直面します。もし私たちがずっと自分の心を頑なにするなら、神様は私たちにこう言うかもしれません。「信じたくないなら、信じるな。」

そして、私たちは自分の不信の結果を受けます。それは死です。

だから、救いのメッセージに自分の心を頑なにしないでください。そうすれば、あなたの霊的な目が見えなくなって、あなたは永遠の死を知ります。

だから、自分の心を開いてください。イエス様とその福音だけによって、あなたは救われるから。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中