ローマ人への手紙10:19-11:32--神様の取り消されることのない召命

救いの不思議さの一つは、救いが神様の召命を通して来て、その召命は取り消されることのないものだということです。

パウロはイスラエルの例を用いて、その真理を描写します。神様がいろんな奇跡を行ったり、恵みを与えたりしたのに、イスラエル人たちは自分の心を神様に対して頑なにしました。そしてパウロはこう言いました。

それでは尋ねますが、神はご自分の民を退けられたのでしょうか。(1a)

パウロの答えは?

決してそんなことはありません。この私もイスラエル人で、アブラハムの子孫、ベニヤミン族の出身です。(2b)

要するに、「私はユダヤ人ですが、救われました。だから、神様がすべてのユダヤ人たちを退けたとは言えません。」

そして、パウロはとても興味深いことを言います。

神は、前から知っていたご自分の民を退けられたのではありません。(2)

パウロのポイントは何でしょうか。

神様はあらかじめユダヤ人たちが自分の心を神様に対して頑なにすることを知っていたのに、ユダヤ人たちを選びました。ユダヤ人たちが神様を拒絶し、イエス様を磔にしたとき、神様は全然驚きませんでした。だからユダヤ人の行為によって、神様が急に彼らを退けようと決めたわけではありません。

むしろ、神様は、あるユダヤ人たちがイエス様を拒絶することを知っていたけど、ほかのユダヤ人たちがイエス様を信じることをも知っていました。どうしてそう知っていたでしょうか。なぜなら、神様が創造物を作る前に、神様は彼らを救いのために選んだから。

だから、預言者エリヤが神様に「私だけがあなたに従っている」と文句を言ったとき、神様はこう答えました。

「わたしは、わたし自身のために、男子七千人を残している。これらの者は、バアルに膝をかがめなかった者たちである。」(4)

だから、パウロは自分の時代のユダヤ人たちに関して、こう言いました。

ですから、同じように今この時にも、恵みの選びによって残された者たちがいます。(5)

そして、パウロは神様の救いの計画を現します。この世が造られる前から、神様はその計画を立てました。その計画は何ですか。

ユダヤ人たちが自分のメシアを拒絶したので、福音は全世界に広がって、たくさんの異邦人(ユダヤ人ではない人)が救われて、神様の子供になりました。そして、ユダヤ人たちはその神様との関係に憧れて、神様が彼らをそんな関係のために召したことを思い出します。だから、彼らは自分の愚かさに怒って、悔い改めて救われます。最終的に、すべてのユダヤ人たちはイエス様を認めて、救われるようです。(26-27)

そして、パウロはこう言いました。

彼らは、福音に関して言えば、あなたがたのゆえに、神に敵対している者ですが、選びに関して言えば、父祖たちのゆえに、神に愛されている者です。(28)

要するに、ユダヤ人たちはクリスチャンたちを迫害していました。でも、神様はまだユダヤ人たちを愛して、救おうと思いました。なぜでしょうか。彼らはとてもいい人だったからでしょうか。違います。アブラハムや、イサクや、ヤコブのゆえに、神様は彼らを愛しているから。さらに神様はその三人に約束をしておられるので、その約束を決して取り消しません。

だから、パウロはこう言いました。

神の賜物と召命は、取り消されることがないからです。(29)

でも私たちのためにも、良い知らせがあります。私たちにも、神様の賜物と召命は取り消されることがありません。私たちが生まれる前に、神様は私たちを知っていました。神様は私たちの疑いを知っていました。私たちの失敗も知っていました。それでも、神様は私たちを選びました。

だから私たちが疑うときに、また、失敗するときに、神様が私たちを見捨てることを恐れないでください。なぜなら、神様の賜物と召命は取り消されないものですから。そして、パウロが言ったように、神様が始めたことを必ず完成します。(ピりピ人への手紙1:6)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中