ローマ人への手紙10:14-15--私たちが福音を述べ伝える必要

私が前に言ったのは、この世が造られる前に神様は自分の子供として私たちを選んだことです。

あるクリスチャンたちはそのコンセプトを信じるけど、こう言います。「もし神様が誰を救うかもう選んだのなら、私たちには福音を伝える必要がありません。」

それは言い過ぎです。そのことを言う人々は一つのことを見逃します。神様は私たちに福音を伝えるように命令します。

もちろん神様には私たちの助けが要らないけど、神様は福音を伝えるのに、私たちを用いることを選びます。神様は私たちに御国の鍵を与えてくださいます。でも私たちがそのカギを使わないと、救われる人は誰もいないでしょう。

だからパウロはこう言います。

しかし、信じたことのない方を、どのようにして呼び求めるのでしょうか。聞いたことのない方を、どのようにして信じるのでしょうか。宣べ伝える人がいなければ、どのようにして聞くのでしょうか。(14)

そのすべての答えは同じで、明確です。その答えは「それは無理だ」ということです。

信じたことのない人は主を呼び求めません。聞いたことのない方は、信じることができません。延べ伝える人がいなければ、福音を聞く人は誰もいません。

そしてパウロはこう言います。

遣わされることがなければ、どのようにして宣べ伝えるのでしょうか。(15)

もう一度、その答えは「無理だ」ということです。でも注意事項があります。神様は私たち信者たちの皆を、行って福音を伝えるように呼びました。

イエス様は弟子たちにこう言ったが、私たちにも言います。

父がわたしを遣わされたように、わたしもあなたがたを遣わします。(ヨハネの福音書20:21)

また、

ですから、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。父、子、聖霊の名において彼らにバプテスマを授け(ます)。(マタイの福音書28:19)

私たちにはイエス様からの召しを待つ必要がありません。イエス様は私たちをもう呼びました。

だからパウロは、福音を述べた得る人に関して、こう言います。

「なんと美しいことか、良い知らせを伝える人たちの足は」と書いてあるようにです。(ローマ人への手紙10:15)

あなたはどうですか。あなたは御国の鍵を持っています。あなたはどうするでしょうか。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中