ローマ人への手紙10:1-5--どうして、神様への道はイエス様しかないだろうか。(2)

前回の記事で私は、どうして神様への道がイエス様しかないかという疑問について話しました。今日の記事では、この疑問について、もっと話したいと思います。

前回の記事で私は言いましたが、パウロは特にユダヤ人たちについて話しています。でもパウロの言葉はすべての宗教的な人々に当てはめられると思います。

パウロはこう言いました。

兄弟たちよ。私の心の願い、彼らのために神にささげる祈りは、彼らの救いです。私は、彼らが神に対して熱心であることを証ししますが、その熱心は知識に基づくものではありません。(1-2)

パウロは本当に大切なポイントを教えています。多くのユダヤ人たちや宗教的な人たちは神様に対して熱意を持っています。もちろん、それは良いことです。でも、知識に基づかない熱意は良いことではないのです。特に、彼らは、神様が最も望んでいるのが信仰だということを知りません。

さらに、パウロはこう言います。

彼らは神の義を知らずに、自らの義を立てようとして、神の義に従わなかったのです。(3)

それは宗教的な人のもう一つの問題です。彼らは本当の義を知らなかったので、「義」を勝手に定義してしまいました。つまり、彼らは何が良いか、何が罪か、勝手に定義したことです。彼らは、神様が何を望むかを想像して、その想像によって自分のルールを作りました。

そういうわけで、本当の義を知ると、つまりイエスを信じる信仰による神の義を知ると、彼らはその義を拒絶します。むしろ、彼らは自分の作った道を行き続けます。

でも、あなたがたくさんの熱意を持っていても、神様の基準に反対する基準を建てていたら、神様はあなたのことを喜びません。

実は、神様がその人間的な基準を許しても、人々は自分の基準を完全に満たすことができません。

パウロこう言いました。

モーセは、律法による義について、「律法の掟を行う人は、その掟によって生きる」と書いています。(5)

もちろん、パウロはユダヤ人とモーセの律法について話したけど、日本では、だれが日本のルールや律法に完全に守るでしょうか。完全にルールや律法を守る人は誰もいません。それでも、多くの人は、ルールを守ることを通して、神様を喜ばせようと思います。

だから、自分の宗教的なルールを建てるとき、二つの意味で彼らは失敗します。

一つ目は、彼らの基準が神様の基準ではないことです。

二つ目は、彼らが自分の基準を完全に満たすことができないということです。

だから、どうして彼らは、神様が彼らを受け入れると思うでしょうか。特に、神様が最も望むのは、彼らが神様に信頼することだけど、彼らはそうしないのです。

それではダメです。

だからパウロはこう言います。

律法が目指すものはキリストです。それで、義は信じる者すべてに与えられるのです。(4)

簡単に言うと、私たちは自分の基準や宗教を捨てなくてはいけません。その基準や宗教を通して、私たちは神様を喜ばせることができませんから。むしろ、イエス様に向けましょう。

キリストは、私たちにとって神からの知恵、すなわち、義と聖と贖いになられました。(第一コリント1:30)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中