ローマ人への手紙9:1-29--神様の選びと言う疑問。神様の選びの不思議さ。(4)

予定説について話すとき、よく出る質問はこうです。

「あなたは、神様が誰が天国に行くかあらかじめ定めると主張します。と言うのは、神様は誰が地獄に行くか、あらかじめ定めるわけでしょう。」

ある程度、私は前回の記事でその疑問に答えました。ある意味、神様は誰が地獄に行くかあらかじめ定めます。でも、誤解しないでください。神様は「あなたは地獄に行け!あなたが悔い改めても、かまいません。イエス様を信じることを選ぼうと思っても、かまいません。私はあなたの運命をもう決めたから。」と決して言いません。

むしろ、神様は彼らにこう言います。「私の計画は、あなたの罪のためにあなたを罰することです。正義を執行しなくてはならないから。」

でも、神様はその宣告を猶予して、その人がただ自分の意志で悔い改めるかどうか待ちます。その人が自分の意志だけで神様を求め始めるかどうか待ちます。でも残念なことは、神様がその人の心の中で働かないなら、自分の意志で神様を求める人は誰もいません。

だから結局私はこう信じます。人々は自分の自由意志によって、地獄に行きます。でも、神様の選びによって、人々は天国に行きます。

神様は人々に自由意志を与えてくださいます。私たち皆は神様に従うかどうか選ぶことができます。でも、神様が私たちの心の中で働かず、私たちをそのままにしていたら、私たち皆は神様に反抗して、自分の道を行きます。例外は全然ありません。それが人間の歴史です。

だから神様は選択をしなくてはなりませんでした。神様が人間をほっといて、皆が滅びることを許すことができました。もしくは神様は働いて、ある人々を救うことができました。

結局、神様はある人々を救うことを選びました。

だからパウロはこう言いました。

また、イザヤがあらかじめ告げたとおりです。「もしも、万軍の主が、私たちに子孫を残されなかったなら、私たちもソドムのようになり、ゴモラと同じようになっていたであろう。」(29)

ソドムとゴモラの人々は自分の自由意志で、神様に反抗することを選びました。神様は彼らを憐れむことを選ばずに、彼らが値することを与えました。つまり、彼らは裁かれて死にました。

イスラエル人たちも自分の自由意志で、神様に反抗することを選びました。でも、神様は彼らを憐れんで、彼らが値しないことを与えてくださいました。それは命に至る恵みです。

ソドムとゴモラの人々とイスラエル人たちと、どう違ったでしょうか。イスラエル人たちは何とかソドムとゴモラの人たちより優れた者だったでしょうか。違います。違いは一つだけあります。神様の選びです。神様はイスラエル人を選びました。神様はソドムとゴモラの人たちを選びませんでした。

もう一度私は言います。それは恵みの不思議さです。私たちはほかの人よりも優れた者というわけでもありません。でも、神様は私たちを救うことを選びました。

だから神様の選びによって、私たちは救われました。でも、人々が地獄に行くなら、それは自分のせいです。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中