ローマ人への手紙9:1-29--神様の選びと言う疑問。神様の選びの不思議さ。(2)

前回の記事の最後では、私はこう訊きました。「もし私たちの救いが神様の選びだけによるなら、神様はみだりに誰を救うか、だれを地獄に送るか選んでいるのですか。」

もちろん神様はみだりに選びません。神様が確定した計画を持って、神様のすべての決断はその計画に基づいています。

しかし、神様は私たちにその計画を完全に現わしていません。また、神様は自分の決断の理由を全部現していません。特に、どうして神様がある人々を救うか、ある人々を救わないかを説明していません。

だからこの疑問どう考えても、私たちは完全に理解することができません。神様はすべてをまだ現わしていませんから。

だから多くの人々は、神様の選びが不公平だと思います。

ですから、神様は「わたしはあわれもうと思う者をあわれみ、いつくしもうと思う者をいつくしむ。」(15節)と言って、また、モーセは、「ですから、神は人をみこころのままにあわれみ、またみこころのままに頑なにされるのです。」(18節)と書くと、人々はこう叫びます。「不公平だ。どうして、神様はある人を憐れむけど、ある人を憐れまないだろうか。もし、神様がある人々を憐れまずに、その心を頑なにするなら、どうして神様は彼らを地獄に送るのだろうか。それは彼らのせいではない。だって、だれが神の意図に逆らえるのですか。(19節)」

パウロは、二つの答えを教えます。

人よ。神に言い返すあなたは、いったい何者ですか。造られた者が造った者に「どうして私をこのように造ったのか」と言えるでしょうか。陶器師は同じ土のかたまりから、あるものは尊いことに用いる器に、別のものは普通の器に作る権利を持っていないのでしょうか。(20-21)

要するに神様は創造者です。神様は自分が造ったものを好きなように扱う権利を持っています。また、神様は、自分の目的を果たすためにその造ったものを好きなように用いる権利も持っています。

でも、そう言った後で、パウロは興味深いことを言います。

それでいて、もし神が、御怒りを示してご自分の力を知らせようと望んでおられたのに、滅ぼされるはずの怒りの器を、豊かな寛容をもって耐え忍ばれたとすれば、どうですか。(22)

パウロは何を言いたいのでしょうか。たぶんパウロのポイントはこうです。神様は自分の計画を作ったけど、滅ぼされるはずの怒りの人にこう言いました。「あなたは私の判断が間違えていると思うでしょうか。では、私の判断が間違えいていることを証明しなさい。あなたが救いに値することを証明しなさい。」

そして、神様は待っていました。そして、神様はさらに待っていました。そして、神様はさらに待っていました。でも、神様が待てば待つほど、その人々は悪くなりました。

カナン人は、その例の一つです。アブラハムが初めてカナンに着いたら、神様は彼にこう言いました。

そして、四代目の者たちがここに帰って来る。それは、アモリ人の咎が、その時までに満ちることがないからである。(創世記15:16)

要するに、神様はアモリ人たちを裁くことを決めたけれど、すぐにその裁きを実行しませんでした。逆に、神様は彼らが破壊にふさわしくないことを証明する機会を与えました。でも毎日、毎日、彼らが証明したのは、自分たちがその裁きに値するということです。そして、神様はイスラエル人をエジプトからカナンに導いた時、イスラエル人を通してその裁きを実行しました。

大洪水の前に神様は似たことをしました。ノアはずっと周りの人々に警告しました。「神様はあなたたちを裁くことを決断した。あなたは悔い改めないと必ず滅びるでしょう。」

ノアがその箱舟を作っている間、ずっと彼らに警告したので、彼らは悔い改める機会がたくさんありました。彼らは神様の判断が間違えていることを証明する機会がありました。彼らがそんなに悪い人じゃないことを証明する機会がありました。でも結局彼らが証明したのは、自分たちがその裁きに値することでした。

だから覚えていてください。人々が本当に神様を求めて、従いたいと思うのに、神様は彼らをみだりに地獄に送るというわけではありません。彼らが「神様、私は悔い改めます。赦してください。」と言うのに、神様は「残念だけど、私はあなたを選んでいないので、君が地獄に行かなくてはならない」と答えるわけではありません。

むしろ、人々が神様に背を向けることを選んで、神様が彼らに悔い改める時間をどんなに与えても、彼らは自分が破壊に値することを証明します。

だから、パウロはこう言います。

ですから、これ(つまり、神様の選び)は人の願いや努力によるのではなく、あわれんでくださる神によるのです。

もし、神様の選びが私たちの願いや努力によるなら、救われる人は誰もいないでしょう。なぜなら、神様が彼らをほっといていたら、神様に従おうと思う人は誰もいないから。だから、神様はの選びはただ自分の恵みと憐れみによります。次の記事で、そのことをもっと説明します。

 

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中